岩波ジュニア新書<br> 3・11後を生きるきみたちへ―福島からのメッセージ

個数:
電子版価格 ¥885
  • 電書あり

岩波ジュニア新書
3・11後を生きるきみたちへ―福島からのメッセージ

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2017年01月16日 21時56分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 226p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784005007103
  • NDC分類 K543

内容説明

地震列島・原発列島に住む私たちは、これからどんな生き方をしていけばいいのか?どんな社会をつくっていけばいいのか?福島第一原発南西の川内村で、3・11の大地震とつづく原発事故を体験した著者は、東電・政府・自治体や住民の動きを目を凝らして見てきた。その見たもの・聞いたこと・考えたこと。

目次

第1章 あの日、何がおきたのか
第2章 日本は放射能汚染国家になった
第3章 壊されたコミュニティ
第4章 原子力の正体
第5章 放射能よりも怖いもの
第6章 エネルギー問題の嘘と真実
第7章 3・11後の日本を生きる

著者紹介

たくきよしみつ[タクキヨシミツ]
1955年福島県生まれ。作家・作曲家。小説、デジタル文化論、デジカメ写真、狛犬美術など幅広いジャンルで執筆。2011年3月11日は福島県川内村で地震を体験(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

地震列島・原発列島に住む私たちは,これからどんな生き方をしていけばいいのか? どんな社会をつくっていけばいいのか? 福島第一原発南西の川内村で,3.11の大地震とつづく原発事故を体験した著者は,東電・政府・自治体や住民の動きを目を凝らして見てきた.その目で見たもの・考えたことを若い世代に伝える.