岩波新書<br> ピアノトリオ―モダンジャズへの入り口

個数:
電子版価格
¥1,034
  • 電書あり

岩波新書
ピアノトリオ―モダンジャズへの入り口

  • ウェブストアに30冊在庫がございます。(2024年06月23日 00時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 216p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004320128
  • NDC分類 764.7
  • Cコード C0273

出版社内容情報

日本のジャズレコードやライブの多くを占めるピアノトリオ。バンドのリズムセクションが独立して成立した比較的新しい演奏編成とはいえ、モダンジャズの入り口でもある。その歴史を繙き、パウエルからエヴァンス、チック・コリア、ジャレットなど様々なピアノトリオのアルバムを取り上げ、具体的な魅力、聴き方を語る。

内容説明

日本のジャズ界でも人気のピアノトリオ。その歴史を繙き、名盤を中心に様々なアルバムを取り上げ、ジャズ独特のグルーヴ、ブルース感覚、スイング感などを切り口に、具体的な聴き処を示し、ピアノトリオの魅力を語る。ピアノトリオに限らない、画期的に新しい、すべてのジャズへの入り口。

目次

第1章 ピアノトリオの聴き方(聴き方のコツ;ピアノ演奏の諸要素;ジャズピアノの奏法を聴き分けよう)
第2章 初期のピアノトリオ(モダンピアノトリオ前史;ナット・キング・コール;バド・パウエル;二人のトリオへの対極的なアプローチ)
第3章 名盤を聴きなおす(1)(グルーヴィー;ブルージー:渋い)
第4章 名盤を聴きなおす(2)(“スイング感”―ウィントン・ケリーの八分音符;“ドライヴ感”―オスカー・ピーターソン・トリオのビッグバンドサウンド ほか)
第5章 一九七〇年代以降のピアノトリオ(一九七〇年代・フュージョン全盛期のピアノトリオ;一九八〇年代・アコースティックジャズの復活 ほか)

著者等紹介

モラスキー,マイク[モラスキー,マイク] [Molasky,Michael]
1956年、アメリカ・セントルイス生まれ。シカゴ大学大学院東アジア言語文明研究科博士課程修了。2024年3月まで早稲田大学国際教養学部教授。戦後日本文学および文化史、ジャズ史、日本の飲食文化などを研究。ピアニストとして日本のジャズクラブに出演した経験もある。主な著書に、『戦後日本のジャズ文化―映画・文学・アングラ』(サントリー学芸賞、青土社、岩波現代文庫)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。