岩波新書<br> 同性婚と司法

個数:
電子版価格
¥1,012
  • 電書あり

岩波新書
同性婚と司法

  • ウェブストアに20冊在庫がございます。(2024年06月23日 02時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 218p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004320081
  • NDC分類 324.62
  • Cコード C0232

出版社内容情報

元最高裁判事の千葉勝美が、同性婚を認めない現行法の憲法適合性を論じる。同性婚を認めない制度を合憲とするのが現在の判例である。しかし、昨今国内で係属している裁判の一部で、憲法への抵触を宣言するものが出てきている。憲法をどのように解釈すれば同性婚を実現できるのか。同性愛者の尊厳に向き合う、全国民注目の一冊。

内容説明

本書は、元最高裁判事の著者が安全圏から一歩踏み出し、「同性婚を認めない法制度は憲法違反か?」という今日の問いに挑む意欲作である。多数派から疎外された少数者を護るのは誰か。司法の役割とは何であるか。性とは、結婚とは、平等とは。「個人の尊厳」とは何か。憲法の精神を生かすも殺すも、法解釈の担い手にかかっている。

目次

第1章 日本における多様性、LGBTQ問題のいま(日本における同性愛・同性婚の歴史;LGBTQ問題の国内外の現状;同性婚の本質と個人の尊厳)
第2章 日本の五つの同性婚裁判(法律が憲法に違反するということの意味;ばらばらな五つの地裁の憲法判断 ほか)
第3章 米国の積極的司法とその背景(米国連邦最高裁の同性婚認容判決(ヒント(1))
積極的司法を後押ししたもの
米国の平等主義革命―米国最高裁のリベラリズム(ヒント(2))
米国の積極的司法から学ぶもの)
第4章 日本の積極的司法の先例とその背景(定数訴訟(一票の較差訴訟)(ヒント(3))
嫡出でない子法定相続分訴訟(ヒント(4)))
第5章 同性婚を認めるための二つの憲法解釈の提案(提案その一 同性婚も憲法二四条の婚姻に含まれる;登録パートナーシップ制度のゴールは同性婚か;提案その二 憲法二四条二項の「類推適用」)

著者等紹介

千葉勝美[チバカツミ]
1946年生まれ。2017年旭日大緩章を受章。現在―弁護士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

瀬希瑞 世季子

3
憲法の条文は性質上、抽象的な規範を示すものが多く、その解釈においては、機械的、辞書的で一義的な文言解釈しか許されないわけではない。憲法の趣旨に沿った価値判断的な考慮を踏まえた条文の解釈・適用が行われており、一例として憲法20条の国の宗教活動の禁止がある。 2024/06/14

カモメ

3
婚姻と家族制度に関する特別規定である憲法二十四条が存在している以上、その憲法解釈・適用において同性同士の婚姻も含むことは難しいと言える。判例法国である米国と成文法国の日本に違いはあるものの、米国の事例が紹介される。多様な価値観の対立があるテーマを司法がどう対応すべきかは課題であり、多数決原理が支配する立法や行政部門では対応が不可能との判断もできる。2024/04/23

takao

2
ふむ2024/05/09

お抹茶

2
著書は元最高裁判事で,日米の積極的司法の先例や同性婚に関する地裁判決をふまえ,同性婚を制度化するための法理論を構築する。パッションも感じるが,あくまで論理的に丁寧に論理を重ねていて,薄い本ながら司法の切れ味を感じる。同性愛者は婚姻によるかけがえのない個人の尊厳としての喜びを享受できないという深刻な不利益を甘受していて,それを解消し救済することが司法の責務。憲法制定時の状況をふまえれば,法制度として婚姻の定義を異性婚であると定める積極的な意図はなく,法思想を基にした新しい文理解釈で個人の尊厳の回復を目指す。2024/03/21

kokekko

2
同性婚を法的に認めるか否か、憲法の解釈などがニュースになっているので、ちょうど買っていたこの本を読む。冒頭数ページのところに、裁判の判決/憲法解釈ごとの「この判決だと憲法のこの部分は合憲」「この部分は違憲」などが表で整理されていてわかりやすい。誰だって自分の愛する相手と結婚し、皆と平等な権利がほしい。だが憲法という、ある意味での二次元的なものに、三次元の人間のありかたをどうやって認めさせるのか。裁判にはそういう難しさを感じた。でもこれは二次元の問題ではなく、限られた命を持つ人間の問題だ。早期の解決を求む。2024/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21788626
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。