岩波新書<br> 実践 自分で調べる技術

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり

岩波新書
実践 自分で調べる技術

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年04月18日 12時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004318538
  • NDC分類 002.7
  • Cコード C0236

出版社内容情報

本の見つけ方。ネット検索の極意。現場で調査。値を測定。そして人の声を聴く。専門家でないからこそできる「調査のデザイン」により、これらを縦横無尽に組み立てながら、統計や分析で調べていく方法を具体的に解説。ロングセラー『自分で調べる技術』に科学的な視点を加えて新たに書き下ろす。「知的生産の技術」への一歩。

内容説明

調査の設計から、文献・資料の扱い方、聞き取りの方法、データの整理、発表や執筆まで、練習問題を交えながら、調査を意義あるものにする手順とコツを詳しく解説。ロングセラー『自分で調べる技術』にリスク調査を加えて、新たに書き下ろす。学生の論文執筆、小中高の探究学習にも活用できる入門書。

目次

第1章 調べるということ(調べよう;調べることで、何をめざすのか)
第2章 文献や資料を調べる(文献・資料調査とは;雑誌記事・論文を調べる;本を探す;新聞記事を調べる;統計を調べる;資料を探す;書かれていることは真実か)
第3章 フィールドワークをする(なぜフィールドワークが必要か;フィールドワークの多面的な意義;誰に聞くのか?;聞き取りの基本;メモと録音;聞いた話は正しいのか?;観察する;アンケート調査;調査倫理)
第4章 リスクを調べる(なぜ自分でリスクを調べるのか;課題設定と文献調査;自分で測定する;統計データを利用する;リスクを推し量る)
第5章 データ整理からアウトプットへ(フォルダによる整理;表やカードにしてデータと対話する;KJ法によって体系化する;アウトプットする;共同で調べる)

著者等紹介

宮内泰介[ミヤウチタイスケ]
北海道大学大学院文学研究院教授。博士(社会学)。専門は環境社会学。環境社会学元会長。NPO法人さっぽろ自由学校「遊」共同代表

上田昌文[ウエダアキフミ]
NPO法人市民科学研究室代表理事。大学では生物学を専攻。2003‐06年科学技術社会論学会の理事。2005‐07年東京大学「科学技術インタープリター養成プログラム」特任教員。2010‐18年に恵泉女学園大学において「市民と環境政策」を担当。2013‐19年高木仁三郎市民科学基金・選考委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。