岩波新書<br> 世界遺産―理想と現実のはざまで

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

岩波新書
世界遺産―理想と現実のはざまで

  • 中村 俊介【著】
  • 価格 ¥924(本体¥840)
  • 岩波書店(2019/08発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年03月30日 20時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 246p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004317913
  • NDC分類 709
  • Cコード C0236

内容説明

「人類の至宝を後世に手渡す」の理想を掲げ、観光資源としても注目される世界遺産。だが、華やかさの裏で課題や矛盾も噴出している。各国の露骨な政治介入、膨脹する登録物件、放置された危機遺産…。数々の世界遺産の現場を訪ね歩いたジャーナリストが、その「光と影」に目を向けながら、文化遺産保護のあり方を考える。

目次

第1章 世界遺産の光と影(失われた巨像の未来;条約のシステムと成り立ち;日本を取り巻く現状)
第2章 世界遺産は生き残れるか(多様化する遺産―「宗像・沖ノ島」が残したもの;噴き出す矛盾と課題;翻弄される世界遺産)
第3章 越境する世界遺産(ユネスコ条約と流出文化財;接近する無形遺産と有形遺産;悩める「世界の記憶」 ほか)

著者等紹介

中村俊介[ナカムラシュンスケ]
1965年熊本市生まれ。早稲田大学教育学部地理歴史専修(東洋史)卒業、朝日新聞社入社。新潟支局、西部本社学芸部、東京本社文化部、西部本社編集委員をへて現在、大阪本社編集委員。考古学・歴史、文化財、世界遺産、伝統工芸などを担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件