岩波新書<br> 医と人間

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

岩波新書
医と人間

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2019年10月18日 05時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 233p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004315353
  • NDC分類 490.4
  • Cコード C0247

内容説明

先制医療、iPS細胞、ロボット治療、新しいがん治療、創薬、脳研究など最先端の医学、そしてチーム医療、緩和ケア、地域の医療、災害医療、情報技術、死生学など第一線での医療。医学は常に人間とともにあり、人間のための学問である。日本医学会総会はその知を結集し、高齢社会を幸せに生き抜くためになすべきことを考える。

目次

1 医学の最前線(再生医療と創薬(山中伸弥)
21世紀のがん医療(間野博行)
革新的ロボット治療を創る(山海嘉之)
脳の発達と幼児教育(小泉英明)
先制医療(井村裕夫)
トランスレーション医学とは何か(成宮周))
2 医療の現場から―きずなの構築のために(医療と情報技術(吉原博幸)
チーム医療における、看護師の新しい役割(日野原重明)
ホスピス・緩和ケア―ビハーラ病棟から(大嶋健三郎)
被災地に学ぶ(川島実)
胃ろう問題と死生学(会田薫子))

著者等紹介

井村裕夫[イムラヒロオ]
1931年生まれ。1954年京都大学医学部を卒業。内科学、特に内分泌代謝学を専攻し、1971年神戸大学教授、1977年京都大学教授、1989年同医学部長、1991年京都大学総長。1998年より科学技術会議(のち改組により総合科学技術会議)議員として、日本の科学技術政策に関わる。2004年より、(公財)先端医療振興財団理事長として、神戸医療産業都市構想の実現に努力している。第29回日本医学会総会会頭(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。