岩波新書<br> 日本は戦争をするのか―集団的自衛権と自衛隊

電子版価格 ¥814
  • 電書あり

岩波新書
日本は戦争をするのか―集団的自衛権と自衛隊

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 203p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004314837
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0236

内容説明

安倍晋三総理の悲願といわれる集団的自衛権。武器輸出の解禁や日本版NSCの創設、国家安全保障基本法をめぐる議論などを背景に、今、日本が急激に変わろうとしている。政府で何が議論されているのか。それはリアルな議論なのか。自衛隊はどう受け止めているのか。長年日本の防衛を取材してきた著者による渾身の一冊。

目次

第1章 不安定要因になった安倍首相
第2章 法治国家から人治国家へ
第3章 安保法制懇のトリック
第4章 「積極的平和主義」の罠
第5章 集団的自衛権の危険性
第6章 逆シビリアンコントロール

著者等紹介

半田滋[ハンダシゲル]
1955年(昭和30)年栃木県宇都宮市生まれ。下野新聞社を経て、91年中日新聞社入社、東京新聞編集局社会部記者を経て、2007年8月より編集委員。11年1月より論説委員兼務。93年防衛庁防衛研究所特別課程修了。92年より防衛庁取材を担当。04年中国が東シナ海の日中中間線付近に建設を開始した春暁ガス田群をスクープした。07年、東京新聞・中日新聞連載の「新防人考」で第13回平和・協同ジャーナリスト基金賞(大賞)を受賞。著書に「『戦地』派遣 変わる自衛隊」(岩波新書、09年度日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

専守防衛の国なのになぜ? 集団的自衛権は尖閣問題とは関係ないのになぜ? 素朴な疑問をすっとばし、机上の論理がまかり通ろうとしている。解禁される武器輸出、国家安全保障基本法、日本版NSC……。そして現場のリアリズムから遠い議論に戸惑いを隠せない自衛隊。不戦・不殺の誓いを蹴散らして、日本はどこへ行くのか。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件