岩波新書<br> アメリカン・デモクラシーの逆説

個数:

岩波新書
アメリカン・デモクラシーの逆説

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 06時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 229p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004312772
  • NDC分類 312.53
  • Cコード C0236

出版社内容情報

恐怖でがんじがらめの自由、負の連鎖に絡めとられる公正、他人の心身までも規定してゆく多様性、空洞化してゆく民主主義・・・・・。アメリカ社会の足元で、今さまざまな皮肉な「転倒状況」が起きている。その実像と向かう先は?

内容説明

恐怖でがんじがらめの自由、負の連鎖にからめとられる公正、他人の心身までも規定してゆく多様性、空洞化してゆく民主主義…。建国の理念を生き抜こうとするアメリカ社会の足下で、さまざまな皮肉な“転倒状況”が起きている。この希有な社会で丹念にフィールドワークを重ねてきた著者が、その実像と向かう先を余すところなく検分する。

目次

第1章 アメリカン・デモクラシーの光と影(「回帰」という「変革」;もう一つの「回帰」;オバマイズム;ニューオリンズ再訪;逆説的な現実)
第2章 政治不信の根源(イラク開戦決議の日に;法人化される民主主義;溶解する二大政党;ゲーム化する選挙戦;包摂されるジャーナリズム)
第3章 セキュリティへのパラノイア(ゲーテッド・コミュニティ;メガチャーチ;第三世界化するアメリカ;カラーラインの政治学;恐怖の文化;オーディット文化;孤独な個人主義)
第4章 多様性の行き着く先(多様性の源泉;保守反動;左右の原理主義とその陥穽;多様性と市場主義)
第5章 アメリカニズム再考(強烈な自意識;帝国論;アメリカの省察;アメリカへの眼差し;もう一つの逆説)

著者等紹介

渡辺靖[ワタナベヤスシ]
1967年生まれ。ハーバード大学大学院博士課程修了(Ph.D.社会人類学)。オックスフォード大学シニア・アソシエート、ケンブリッジ大学フェローなどを経て、慶應義塾大学SFC教授。アメリカ学会常務理事。専門はアメリカ研究、文化政策論。日本学士院学術奨励賞受賞。単著―『アフター・アメリカ』(慶応義塾大学出版会、サントリー学芸賞、アメリカ学会清水博賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Miyoshi Hirotaka

25
王政や貴族制の否定の上に成立したアメリカだが、短い歴史の中で二転三転した。連邦政府を自由への脅威とみなすか、自由への手段とみなすかで、大規模な内戦を経験。二大政党に差異がなくなり、ワイドショー的な話題さえもが世界指導者となる大統領選挙の争点となり、民意ですらTVコマーシャル枠で買える商品となった。ベルリンの壁も鉄のカーテンもなくなったが、住民以外を立ち入り禁止にする超富裕層向けのゲーテッド・コミュニティやショッピングモールのような巨大な教会は中世の城壁の再現。やはりこの国はいまだ発展途上の実験国家なのだ。2015/10/02

壱萬弐仟縁冊

11
オバマ大統領就任演説では、内外が賞賛した。しかし、私が一番の驚きだったのは、ビン・ラディン氏発見後、すぐさま射殺したことであった。9・11テロリストだから問答無用なのだろうが、言い分を聞かずに、というのでは、サダム・フセインを殺害したブッシュ大統領と同じか。超富裕層のための屋敷町としての、ゲーテッド・コミュニティ(85頁)。NIMBYとかいうのは彼らなのだろうな。カネで全部、他人に丸投げしているのが金持ちだと思うが。ま、国内に格差が蔓延し、銃社会でもあり、自由なのに不自由(128頁~)ともいえるようだ。2013/08/08

D.Okada

6
アメリカの民主主義の逆説。トクヴィルを時折引用しながら、アメリカの内実を丹念なフィールドワークから抽出されていて、とても読み応えがあった。しかしやはりアメリカを語るうえで、宗教は切り離せないのだなと改めて思った。政教分離を合衆国憲法で規定しているけれど、その影響力は絶大。右派の福音派とリベラルな主流派、そして新しく登場してきた新宗教左派。近代以降政治と切り離されたはずの宗教がここまでに影響力をもつのは、「宗教でつながれている」という日本人には実感の湧かない感覚で人々が結ばれているからなのかな。大統領就任式2011/11/25

こにいせ

6
アメリカ民主主義の「ねじれ」を分析。自由が行き過ぎて、戦争を起こし、銃を携え、黒人の大統領を生み出し、国民保険を「共産主義」的だと握りつぶす。その「ネジレ」は解くべきか、解けるのか??回避すべきか?アメリカのデモクラシーはもうだめなのか?手堅いアメリカ論であり、特に社会学者の引用が適切であり信用できる本。大学の社会学を勉強されている方なんかは手にとって損はない。2011/01/16

鬼山とんぼ

5
中公新書の近著2冊を読むまで著者を知らずにいたが、取材のエネルギー投入を惜しまず困難な相手への直接取材を多数敢行する、日本人では稀有な米国ウォッチャーとして惚れこんでいる。10年前のこの本も実によい。現在の米国には自己利益への執着や人種・宗教差別などの党派的対立などの醜い面はあるものの、トクヴィルの語った「米国には自己修正力がある」との洞察や、植民地時代に作られ結果的に史上初の成文憲法となった「権利章典」の起草者ジェファーソンが盛り込んだ普遍性のある理想がまだ生きている。構成も感動的で、泣いちゃったよ。2020/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/669275

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。