岩波新書
政治の精神

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004311898
  • NDC分類 311.04
  • Cコード C0231

出版社内容情報

政治とはどういう営みであるのか。政治が融解している今、「政治の精神」をどこに求めたらよいのか。マキアヴェッリ、トクヴィル、ウェーバー、アレント、丸山真男らの思索を手がかりに、政治的統合と民主主義のジレンマ、権力の魔性、政治家の資質、人々の政治的関与、政党政治の条件などについて考察。政治を根本から問い直す。

内容説明

複合的な危機のなか、政治が融解している。問題の核心は何か。政治を支える精神的な素地をどこに求めたらよいのか。マキアヴェッリやトクヴィル、ウェーバー、丸山真男らの思索を手がかりに、政治という営みの本質について、原点に立ち返って吟味。政治家のみならず、政治を取り囲む人々の精神、さらには政党政治の条件について考察する。

目次

第1章 政治を考える視点(丸山真男、一九四九年の問いかけ―政治的統合をめぐって;政治的統合の基本構造;主体の複数性と政治的統合の手続き;政治的統合のメカニズム;政治権力の「魔性」)
第2章 政治をする精神(政治家と権力;政治家と魂の「大きさ」;政治家と権力感情、そして堕落;政治家と判断力、そしてスキル;政治家と責任問題)
第3章 政治に関与する精神(丸山真男の問題提起―政治的な思考法とは;政治参加の意味と無意味をめぐって;競争と選択のモデル;「正しく理解された自己利益」からの出発)
終章 政党政治の精神―日本政治のための覚書(政党政治はもつのか;政党政治の独特な構造;政治主導、政治家主導、首相主導;自民党システムの歴史性;政党改革の一つのツールとしてのマニフェスト)

著者等紹介

佐々木毅[ササキタケシ]
1942年秋田県に生まれる。1965年東京大学法学部卒業。東京大学法学部教授、同大総長を経て現在、学習院大学法学部教授。専攻は政治学史、政治思想(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

うえ

8
「マルクス主義の歴史を顧みれば、それは歴史的な現実の問題でもあり得た。レーニン、スターリン、毛沢東といった統治者は同時に哲学者とされ、真理をめぐる争いが権力をめぐる争いと常に連動する可能性を内包していた。真理をめぐる対立は政治的統合の担い手の間の対立につながり、時には「粛清」につながった。」「日本の民主制は、丸山真男が期待した政治的思考法の開発に無縁であったし、むしろ、政治的思考の矮小化の中で基本的に営まれてきた。従って、こうした緊張感との闘いと無縁な中で続いてきた点で明らかに異質であった」2016/02/02

D.Okada

6
新聞による政治報道に関して、厳正中立を旗印にしているが、結果的には「どの党派にもケチをつける」という態度をもたらし、それは批判的態度を醸成するどころか「どうせ政治家なんて・・・」という古くからある諦めに拍車をかけている、との指摘はごもっともだと思う。著者いわく「日本の新聞は、自らの行為の結果についてナイーヴであって、政治的な思考法が身に付いていないことになる」と。2010/09/07

読書家目指すで

5
民主制に従うならば、常に我々は討議から出発し、政治的統合を経て統治を行って行かなければならない。政治とは「可能性の術」であり、現在、蔓延している薄弱なリアリズムとは一画をなす。民主制において政治家一任のラズウェルから、シュンペイターの大衆の政治承認による民主制などとても興味深かった。ハンナアーレントによると政治は不可予測性、不可逆性を持つため、予測可能性を与えるマニフェストがあると。特に興味深いのがトクヴィルの著作において、民主制の自由、平等による病理を鋭く指摘し、日本において今なお色褪せない。2015/10/22

Haruka Fukuhara

4
2009年の政治・経済危機の情況下で書かれた意欲作。東西の古典から政治を説き起こしたりと興味深いが、新書一冊の枠には収まりきらず、2,3冊に分けるか専門書の括りでもっと伸びやかに論じてほしかった気もする。政治学の大家だけに基本的には難解さは別にして違和感なく読み進められるが、丸山真男の持ち上げ方と現実政治への言及にはやや唐突な印象があって専門の政治思想史における端正な記述との落差を感じる。2017/03/14

Moloko

3
知識をテーマ毎に単純に纏めたものでなく、多様な考えのある現実のなかで集団の決定をする政治的統合、政治家の問題、政治的判断や決定やその過程、政党政治のテーマを立てている。多面的な分析でかつ政治という現象の生々しさを鷲掴みにするかのよう。ただ内容は割と政治学を学んでいないと抽象的な記述の連続に心折られるかも。2014/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/516816

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。