• ポイントキャンペーン

岩波新書
金融権力―グローバル経済とリスク・ビジネス

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 220,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004311232
  • NDC分類 338.9

内容説明

世界経済をゆるがしたサブプライムローン問題は、「カネこそが商品」となった現在の投機的金融システムの危機と限界を明らかにした。ブレトンウッズ体制の崩壊にさかのぼり、金融が本来の役割を離れて「リスク転売ビジネス」の性格を深めていった過程を具体的にたどる。金融に秩序を取り戻すために何をすべきかを真摯に問う。

目次

第1章 サブプライムローン問題が示したもの―金融システムの危機
第2章 金融の変質―「金融技術」の仕組み
第3章 リスク・テイキングの理論―シカゴ学派の論客たち
第4章 新金融時代の設計者たち―ミルトン・フリードマンを中心に
第5章 リスク・ビジネスのはてに―脆弱な金融
第6章 金融権力に抗するために―新たな秩序への道筋

著者紹介

本山美彦[モトヤマヨシヒコ]
1943年神戸市に生まれる。1965年京都大学経済学部卒業。1969年京都大学大学院経済学研究科博士課程中退。2006年京都大学経済学部教授を停年で辞し、2006~2008年福井県立大学経済学部教授。現在、大阪産業大学経済学部教授、京都大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

サブピライムローン問題は現在の投機的金融システムの限界を明らかにした。プレトンウッズ体制の崩壊以降、金融が「リスク転売ビジネス」の性格を深めていった過程を具体的にたどり、金融に秩序を取り戻すために何をすべきかを真摯に問う。