岩波新書
日本の英語教育

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 225p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004309437
  • NDC分類 830.7
  • Cコード C0282

内容説明

世界を覆う「英語の時代」の波に乗り遅れまいと、文科省主導の「英語が使える日本人」を目ざした英語教育改革が進んでいる。だが、「平易な会話」の重視や小学校への英語導入といった施策は、現実的な展望に基づいた「政策」の名に値するものなのだろうか。明治以来の日本人の英語・言語観に照らして、英語教育の根幹を問い直す。

目次

序章 転換期を迎えた英語教育
第1章 英語時代の到来
第2章 日本に言語政策はあったのか
第3章 英語と義務教育
第4章 英語教育の構造
終章 英語帝国のかなた

著者等紹介

山田雄一郎[ヤマダユウイチロウ]
1945年広島県生まれ。1973年広島大学大学院修士課程修了。シドニー大学、レディング大学で外国語教育学を学ぶ。専攻、言語政策、英語教育。広島修道大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。