岩波新書
進化の隣人 ヒトとチンパンジー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 210p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004308195
  • NDC分類 489.9
  • Cコード C0245

内容説明

人間の言葉や数を理解し、コンピューターを使うチンパンジー・アイ。そのアイに二〇〇〇年四月、息子・アユムが生まれ、同じ年、研究所内に二人の女の子も誕生し、すくすくと育っている。私たちの「進化の隣人」チンパンジーの心と認識の世界を探り、親子関係のあり方や世代を超えて伝わる文化など、人類の「心の進化」の起源に迫る。

目次

第1章 心の進化の化石―チンパンジー
第2章 出産と子育て―親子関係のつくられかた
第3章 コミュニケーションと知性の発達
第4章 自己認識と他者理解
第5章 知性と教育の進化的基盤
第6章 「素朴な信念」から「科学的理解」へ

著者等紹介

松沢哲郎[マツザワテツロウ]
1950年愛媛県松山市生まれ。1974年京都大学文学部哲学科卒業。同大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程中退。理学博士。同大学霊長類研究所助手、助教授を経て現在、京都大学霊長類研究所教授、中部学院大学客員教授。専攻は比較認知科学、霊長類学。1991年、秩父宮記念学術賞、1996年、中山賞特別賞、1998年、日本心理学会研究奨励賞、2001年、ジェーン・グドール賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人間の心はどのように進化してきたか.ヒトともっとも近い「進化の隣人」チンパンジーの心の奥を探ることで人間の「心の進化」の過程が見えてくるのではないか.世界的な霊長類学者である著者が,研究の現状を熱く語る.