岩波新書
福祉NPO―地域を支える市民起業

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 199p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004307341
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0236

内容説明

介護保険制度が導入されて一年、福祉の現場でNPO(民間非営利組織)の重要性が増している。地域に密着した福祉サービスや高齢者のニーズにあった事業など、全国で展開されている事件を紹介し、NPOのしくみと役割をわかりやすく解説。新たな市民ビジネスとして注目されるNPOの実像とその可能性に迫る。

目次

1 NPOとは何か
2 活動するNPO法人
3 介護保険とNPO法人
4 市民がサービスを創る
5 NPOとボランティア
6 アメリカのNPO
7 行政とのパートナーシップ
8 税制優遇と財政自立

著者等紹介

渋川智明[シブカワトモアキ]
1946年北九州市に生まれる。1971年早稲田大学卒業。同年、毎日新聞社入社。西部本社報道部副部長から東京本社地方部副部長として地方自治・地方分権問題を担当。現在、社会部編集委員。介護保険、年金問題など社会保障政策を取材範囲にしている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

介護保険制度が導入されて1年,福祉の現場でNPO(民間非営利組織)の重要性が増している.地域に密着した福祉サービスや高齢者のニーズにあった事業など,新しい市民ビジネスとして注目されるNPOの実像に迫る.