岩波新書<br> 偶然性と運命

個数:

岩波新書
偶然性と運命

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 204p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004307242
  • NDC分類 112
  • Cコード C0210

内容説明

恋人たちはなぜ、偶然にすぎない出逢いに「運命」を感じるのか。その瞬間、二人の内面では何が起きているのか―。この問いを手がかりに、ショーペンハウアー、ニーチェ、ドストエフスキー、ヤスパース、ハイデガー、九鬼周造ら、近代理性主義の克服をめざした思想家がくりかえし思索のテーマとしてきた「偶然性」と「運命」の問題に迫る。

目次

1 めぐり逢いの現象学(めぐり逢いの意識;人間存在の時間構造 ほか)
2 偶然性の概念(この問題を発想したきっかけ;“偶然性”のさまざまな意味 ほか)
3 “運命”の思想史(運命の概念の多様性;生と運命 ほか)
4 二つの出逢い(スタヴローギンとマトリョーシャの出逢い;コーリャ・クラソートキンとイリューシャの出逢い ほか)

著者等紹介

木田元[キダゲン]
哲学者、中央大学名誉教授。1928年山形県に生まれる。1953年東北大学文学部卒業
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

偶然にすぎない出逢いを「運命」だと感じてしまうのはなぜか.この問いを手がかりに,ショーペンハウアー,ドストエフスキー,ハイデガー,九鬼周造等,近代理性主義の克服をはかった思索の系譜をたどる.