岩波新書<br> 自白の心理学

個数:

岩波新書
自白の心理学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年11月16日 17時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004307211
  • NDC分類 327.62
  • Cコード C0211

内容説明

身に覚えのない犯罪を自白する。そんなことはありうるのだろうか?しかもいったんなされた自白は、司法の場で限りない重みを持つ。心理学の立場から冤罪事件に関わってきた著者が、甲山事件、仁保事件など、自白が大きな争点になった事件の取調べ過程を細かに分析し、「自分に不利なうそ」をつくに至る心のメカニズムを検証する。

目次

序 自白と冤罪(冤罪は遠い世界の話ではない;冤罪のひろがり ほか)
第1章 なぜ不利なうそをつくのか(宇和島事件と自白;うそを引き寄せる磁場 ほか)
第2章 うそに落ちていく心理(甲山事件の出発点;自白へ向かって ほか)
第3章 犯行ストーリーを展開していく心理(仁保事件;録音テープと事件 ほか)
第4章 自白調書を読み解く(袴田事件;自白調書を読む(1)うそ分析(変遷分析) ほか)

著者等紹介

浜田寿美男[ハマダスミオ]
1947年香川県に生まれる。1976年京都大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、花園大学社会福祉学部教授。専攻は発達心理学および法心理学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

身に覚えのない犯罪を自白する.そんなことはありうるのか.自白が大きな争点となった事件をとりあげて,心理学の立場からその取調べ過程を細かに分析し,「自分に不利なうそ」をつくに至る心のメカニズムを検証する.