岩波新書
蕪村

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 207p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784004307051
  • NDC分類 911.34
  • Cコード C0295

内容説明

「菜の花や月は東に日は西に」「稲づまや波もてゆへる秋津しま」など、親しまれ続ける名句を生んだ蕪村。画業にも秀でた才人であった彼の「詩」を貫いていたものは何か。「芭蕉再評価」の時代にあった蕪村の位置を一門の様子を交えて明らかにし、近代以後の受容も追いながら、真の魅力を綿密な構想力と自由な創意に着目して解説する。

目次

第1章 「蕪村発見」の軌跡
第2章 「芭蕉」へのまなざし―蕪村時代の素描
第3章 俳画の妙
第4章 翔けめぐる創意―蕪村俳諧の興趣
第5章 本のプロムナード―俳書と刷り物の匠み
第6章 春風のこころ―「春風馬堤曲」の世界

著者等紹介

藤田真一[フジタシンイチ]
1949年京都市に生まれる。1980年大阪大学大学院博士後期課程国文学専攻修了。現在、関西大学文学部教授。文学博士。専攻は日本近世文学(俳諧)。編著書に『蕪村 俳諧遊心』(若草書房、文部大臣奨励賞受賞)など
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「菜の花や月は東に日は西に」「春の海終日のたりのたり哉」など名句を生んだ蕪村は,画業にも秀でた才人であった.近代での受容,同時代の位置を明らかにしながら,綿密な構想力と自由な創意に着目して,魅力の全貌を示す.