岩波新書
オーストラリア―多文化社会の選択

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 214p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004306825
  • NDC分類 302.71
  • Cコード C0231

出版社内容情報

急速に多民族化し,脱欧米化が進むオーストラリア.家族,福祉,教育など日々の暮らしから東ティモール派兵,アボリジニや共和制移行をめぐる取り組みまで,この多文化社会の姿を生き生きと伝えるメルボルン・レポート.

内容説明

今日最大数の移民を受け入れ、多民族化の道を進むオーストラリアは、欧米ともアジアとも異なる社会を創出しつつある。在豪二七年の著者によるメルボルン報告は、家族、福祉、教育など日々の暮らしから東ティモール派兵、共和制移行、アボリジニ問題をめぐる取り組みまで、この多文化社会の姿を生き生きと伝え、日本社会のありかたに一考を迫る。

目次

1 「オーストラリア人」とは誰のことか
2 多文化社会の現場
3 ためらうX世代
4 懐疑的民主主義の世界
5 福祉社会の裾野
6 Bタイプの労働と「生活の質」
7 アボリジニ社会のジレンマ
8 近いアジア・遠いアジア
9 日本から来た「越境人間」たち

著者等紹介

杉本良夫[スギモトヨシオ]
1939年兵庫県に生まれる。1964年京都大学法学部卒業。1973年米国ピッツバーグ大学で社会学博士号取得。専攻、比較社会学。現在、オーストラリア・ラトローブ大学人文・社会科学部教授。オーストラリア学士院会員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

shohji

18
オーストラリアは自由な国である。国籍を取得する場合はポイント制度で評価があるが取得しない人が多い。戸籍制度がなく事実婚が多く簡単に苗字を変えることもできる。大学の学費は給料をもらってから払う。国民皆保険制度があり医療や福祉も充実。失業者と認定されればニートでも失業手当がもらえる。良いことだらけのようだが自由でいるには責任も伴う。結婚証明書が必要になるのは離婚する時だけという表現がなかなか重い。こういう国でファミリーを守っていくことの意義は大きいのだろう。多文化社会を紹介するエピソードが多いので面白かった。2020/06/24

活字の旅遊人

3
20年以上前に読んだはず。意外とオーストラリアの情報って、少ないんだよな、in Japan.

くりりんワイン漬け

2
複雑な文化的仕組みになりつつあるオーストラリアをさまざまな切り口で説明している。異世代視点、福祉社会、労働、民族、外国から見たオーストラリア、アジアとの距離感。2013/06/17

じゅん

1
戸籍制度がないなど、多文化社会であるオーストラリア。教育制度・介護制度・選挙制度など日本との違いが面白く、また見習うべきものもあった。多文化主義のジレンマである「文化的不平等(それに伴う経済的不平等や多文化への温情主義、文化ナショナリズムの罠)」・「対外文化相対主義の陥る体内文化相対主義への抑圧」について読み、自分が何となく考えていたことを言語化できた2013/01/14

itchy1976

1
オーストラリアに住もうと思っている人や留学しようと思っている人は、現在のオーストラリア社会を知る上での入門書だと思って読んでほしい本である。この本を読んでオーストラリアを知る上でのキーワードとなる言葉は、マルチカルチャリズム、懐疑的民主主義、福祉国家、アボリジニー、脱欧入亜であろうか。http://blog.goo.ne.jp/itchy1976/e/285cd99da4fb5c2b0951a05a1fc825642005/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/70706

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。