岩波新書<br> 精神病

個数:

岩波新書
精神病

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月06日 15時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004305811
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0247

出版社内容情報

精神病の中で分裂病は患者数も多く,今なお原因不明である.しかし近年,治療の成果も大きく上がってきた.症状や経過の特徴,治療法から社会復帰,福祉のあり方まで,長年の臨床経験に立って懇切平易に解説する.

内容説明

精神病の中で分裂病は、今なお原因不明の難病であり、患者数も多い。しかし、近年は治療法も進み成果も大きく上がっている。症状や経過の特徴、原因の究明、治療法から患者の社会復帰、医療の体制、福祉のあり方にいたるまで、長年分裂病の臨床にたずさわり、それをとりまく問題を考察してきた著者が懇切ていねいに解説する。

目次

1章 心の不調
2章 分裂病の特徴
3章 分裂病の発病まで
4章 分裂病の経過
5章 今日の治療
6章 社会福祉の面から
7章 分裂病と犯罪をめぐって
8章 分裂病の原因について
9章 分裂病からの贈り物
10章 家人へのアドバイス

著者等紹介

笠原嘉[カサハラヨミシ]
1928年、神戸に生まれる。1952年、京都大学医学部卒業。専攻、精神医学。現在、名古屋大学名誉教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒロミ

45
読みにくいかと思っていたが、優しい語り口でわかりやすかった。精神分裂病と言われていた統合失調症は未だまだ謎の多い病気だそうだ。大変役に立ちました。2018/03/29

生ハム

10
内容はほぼ、分裂病(統合失調症)に関することでした。100人に1人が疾患するという統合失調症。 でもその原因も症状も程度も病後も本当に人それぞれで、 人間の精神の面白さに触れた気がします。 完全に狂気になるわけでなく、“二重の帳簿”――――つまり、一見すると常識のない幻覚にとらわれつつも、時折正常な反応を示したりする状態――――をもっており、 その人間らしさがあるからこそ治療を続けていける、というニュアンスの文章が印象に残りました。2013/04/08

またの名

8
危急の際に取り急ぎ読むための物凄く簡易な一般向け入門書と専門的な議論で構成された解説の丁度間を行く、新書の良さが発揮された本。分裂病(統合失調症)について最低限知るべきポイント(気質・心因・内因性、シュープ、神経症他との違い等)は易しい言葉できちんと語られ、精神病理学、精神分析学派、反精神医学、病跡学について触れた上に木村敏の業績も紹介し、福祉面や社会復帰にも漏れなく言及する目配り。ただ古いこともあって、発達障害等の周辺群に対する特異性とかセカンドオピニオン問題とか最近の話題が反映されてないのは仕方ない。2014/02/03

perLod(ピリオド)

6
1998年著。精神病について、これから読む人に強くお薦めする一冊。著者の語り口はやさしくて分かりやすいので、専門書のような堅苦しさはまるでない。患者及びその家屋や支援者に真に寄り添って書かれている。生涯有病率が1000人中8.5人と高いにもかかわらず、全国60万人の患者の半数は閉鎖病棟に入れられ、現在も強い差別が続く。まぎれもなく精神医療後進国の日本において、まずは精神病について知る人を増やすことが必須で、そのために最適な本。なお、「精神分裂病」とは現在の「統合失調症」のこと。また嘉の読みは「よみし」。2003/08/25

naoya_fujita

4
多方面に目を配り、かつ、コンパクトな名著。この一冊の理解を万人が持つだけでかなり多くが変わるだろう。2016/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/465153

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。