岩波新書<br> ジャーナリズムの思想

岩波新書
ジャーナリズムの思想

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 194p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004304944
  • NDC分類 070

内容説明

ニュースの選択は正しいか。表現方法はどうするか。取材はどこまで許されるか。人権には配慮したか。権力からの独立は保たれているか…。長年の現場体験を踏まえ、新聞・テレビはどのような思想で、何をどう伝えるべきかを深く考える。この国のジャーナリズムを私たちの社会の「共同作品」とするための問題提起の書。

目次

第1章 ジャーナリズムの倫理観
第2章 テレビの特性と思想
第3章 言論・報道の「日本的」自由
第4章 「不偏不党」と「政治的公平」
第5章 ジャーナリズムとナショナリズム
第6章 客観報道主義と署名記事
第7章 ジャーナリズムと人権思想

著者紹介

原寿雄[ハラトシオ]
1925年、神奈川県に生まれる。1950年、東京大学法学部卒業。(社)共同通信社社会部記者、バンコク支局長、外信部長を経て、77年に編集局長、85年に専務理事・編集主幹。1986年から92年まで(株)共同通信社社長。2000年「放送と青少年に関する委員会」委員長

出版社内容情報

ニュースの選択は正しいか.表現方法はどうするか.取材はどこまで許されるか.人権には配慮したか.権力からの独立は保たれているか….長年の現場体験を踏まえ,新聞・テレビはどのような思想で,何をどう伝えるべきかを深く考える.この国のジャーナリズムを私たちの社会の「共同作品」とするための問題提起の書.