岩波新書
「風と共に去りぬ」のアメリカ―南部と人種問題

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 218,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004304425
  • NDC分類 316.853

内容説明

アトランタは「風と共に去りぬ」の舞台として知られる。しかし、世界中に熱烈なファンをもつこの物語も、黒人のあいだでは大きな批判や波紋を巻き起こしてきた。豊富なインタビューで南部の土壌を描き出すことにより、この小説と映画の裏にあるアメリカの人種問題の複雑さを明らかにしていく斬新なアメリカ案内。

目次

序章 アメリカの見えない顔
第1章 アトランタ
第2章 「風と共に去りぬ」の神話
第3章 黒人たちの南部
第4章 ミッチェルのテーマ
第5章 ワシントンの百万人大行進
第6章 帰郷

著者紹介

青木冨貴子[アオキフキコ]
1948年東京都に生まれる。1984年より3年間「ニューズウィーク日本版」ニューヨーク支局長を務める。現在はフリーランス・ジャーナリストとして、ニューヨークに在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人種・民族のるつぼのアメリカでは,共生と軋轢が日常だ.アトランタをはじめ各地を旅し,世界的大ベストセラー「風と共に去りぬ」を生んだ南部の土壌を,豊富なインタビューで描き出し,人種間の複雑な思いを明らかにする.