岩波新書<br> 大地動乱の時代―地震学者は警告する

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

岩波新書
大地動乱の時代―地震学者は警告する

  • 石橋 克彦【著】
  • 価格 ¥864(本体¥800)
  • 岩波書店(1994/08発売)
  • 【ウェブストア限定】リニューアル記念キャンペーン ※店舗受取サービスはキャンペーン対象外です。
  • ポイント 16pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年07月25日 11時23分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 234p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004303503
  • NDC分類 453

内容説明

幕末にはじまった首都圏の大地震活動期は、関東大震災(一九二三)をもって終わり、その後、東京圏は世界有数の超過密都市に変貌した。しかし、まもなく再び「大地動乱の時代」を迎えることは確実である。小田原地震が七十年ごとに発生することを明らかにした地震学者がその根拠を明快に説き、東京一極集中の大規模開発に警鐘を鳴らす。

目次

第1章 幕末―二つの動乱
第2章 大地の破局
第3章 大地震の正体と原因
第4章 関東・東海地方の大地震発生のしくみ
第5章 ふたたび迫る動乱の時代
第6章 大地動乱の時代をどう迎えるか

出版社内容情報

幕末にはじまった首都圏の大地震活動期は,関東大震災(一九二三)をもって終わり,その後,東京圏は世界有数の超過密都市に変貌した.しかし,まもなく再び「大地動乱の時代」を迎えることは確実である.小田原地震が七十年ごとに発生することを明らかにした地震学者がその根拠を明快に説き,東京一極集中の大規模開発に警鐘を鳴らす.