岩波新書
忘れられた思想家〈上巻〉―安藤昌益のこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 227p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004131410
  • NDC分類 121.59
  • Cコード C0221

出版社内容情報

徳川封建制度に対する本格的な批判者,そして最も徹底した民主主義思想家としての安藤昌益を発見した著者は,この政治思想家の全貌や当時の思想潮流を的確に描きつつ,世界史的観点からもその独自性を明らかにした.多くの日本人歴史家を瞠目せしめた犀利な史眼と,歴史に埋もれた卓越した思想家との出会いを示す古典的名著.

内容説明

徳川封建制度に対する本格的な批判者としての安藤昌益を発見した著者は、この政治思想家の全貌や当時の思想潮流を的確に描きつつ、世界史的観点からもその独自性を明らかにした。多くの日本人歴史家を瞠目せしめた卓越した史眼と、歴史に埋もれた思想家との出会いを示す古典的名著。

目次

第1章 序説
第2章 安藤昌益―その人
第3章 昌益の時代―徳川封建社會
第4章 封建制の批判―社會階級とイデオロギー

著者等紹介

ノーマン,E.ハーバート[ノーマン,E.ハーバート]
1909年‐1957年。1935年ケンブリッジ大学卒業。1939年ハーヴァード大学卒業。元駐日カナダ代表部主席

大窪愿二[オオクボゲンジ]
1915年‐1986年。1937年青山学院文学部卒業。専攻は国際問題(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

田中角栄

1
自然と対話し土を耕し生きるのが真道であり、生産者から搾取する支配階級や知識階級、思想、宗教を徹底的に糾弾する考え。徳、仁なども聖人たちの本質である寄生的性質を隠そうとするものである。と。 特に儒教等を割合良いモノだと思っていたので、かなり衝撃的な内容でしたが、文体の割に論理、時代的説得力があり、納得させられる内容でした。 イイことばっかり言っているだけじゃダメなんだ。ということです。2013/04/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/115814

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。