• ポイントキャンペーン

岩波新書
太平洋戦争陸戦概史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 307p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004131342
  • NDC分類 391.26
  • Cコード C0221

内容説明

太平洋戦争の陸戦の全局面を、物動、編成、兵器、動員人員などあらゆる角度からはじめて総合的に把握し、記録した画期的な書。元陸軍大佐で参謀本部の中枢にあり、敗戦時陸相の秘書官であった著者が、苦労をはらい収集した豊富な資料を駆使して正確に記述する。

目次

日米開戰までの陸軍の歩み
南方作戰準備
南方第一段作戰の成功
第一段作戰の末期からその直後にかけての大本營
中國方面の作戰(その一)
ポート・モレスビー作戰、ミッドウェイ作戰、アリューシャン作戰
ガダルカナル島作戰
獨伊との協同
南部太平洋戰線の後退
統帥と國務との調整問題
中國方面の作戦(その二)
インパール作戦の失敗
マリアナ諸島の喪失
日本本土の防備強化
フィリッピンにおける決戦の失敗
南方諸地域(フィリッピンを除く)の作戦
硫黄島および沖縄島の喪失
中國方面の作戦(その三)
日本本土における決戦準備
満鮮方面の情況
敗戦

著者等紹介

林三郎[ハヤシサブロウ]
1904‐1998年。インドのボンベイ市に生まれる。陸軍大学卒業。駐ソ陸軍武官補佐官、参謀本部ロシヤ課長、参謀本部編制動員課長、阿南陸軍大臣秘書官等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。