岩波新書<br> 昭和史 (新版)

岩波新書
昭和史 (新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 310,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004131304
  • NDC分類 210.7

内容説明

再びあの戦争体験を繰り返してはならない―その強烈な願望が本書を貫いている。なぜ私たち国民は戦争にまきこまれ、押し流されたのか。なぜ自らの力で防ぐことができなかったのか。第一次大戦から筆を起し、戦争とファシズム、そして敗戦後の占領時代とつづく昭和の激動の歴史を、豊富な資料を駆使して描き出す。

目次

1 第一次大戦後の日本
2 政党政治の危機
3 満州事変
4 日中戦争
5 太平洋戦争
6 戦後の世界と日本

著者紹介

遠山茂樹[トオヤマシゲキ]
1914年、東京に生まれる。1938年、東京大学文学部国史学科卒業。専攻、日本近代政治史。現在、横浜市立大学名誉教授

今井清一[イマイセイイチ]
1924年、前橋市に生まれる。1945年、東京大学法学部政治学科卒業。専攻、日本政治史。現在、横浜市立大学名誉教授

藤原彰[フジワラアキラ]
1922年、東京に生まれる。1949年、東京大学文学部史学科卒業。専攻、日本近代史。現在、一橋大学名誉教授

出版社内容情報

再びあの戦争体験を繰り返してはならない――その強烈な願望が本書を貫いている.なぜ私たち国民は戦争にまきこまれ,押し流されたのか.なぜ自らの力で防ぐことができなかったのか.第一次大戦から筆を起し,戦争とファシズム,そして敗戦後の占領時代とつづく昭和の激動の歴史を,豊富な資料を駆使して描き出す.