岩波新書<br> 死後の世界

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波新書
死後の世界

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年10月30日 13時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 204p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004121527
  • Cコード C0215

目次

問題のとりあげ方(死後の問題;死後存在の否定説;死後の存在は可能か;問題のとりあげ方;死者儀礼;説話文学;近代的研究)
1 死者儀礼の由来(死者儀礼;死体処理;生から死へ;死者の財産)
2 死者への奉仕(別離;喪;祖霊;祖先崇拝と死者の支配)
3 死後の運命(死者の行き先;死の国への旅;死者の審判;死者の国の成立;死と再生と不死)
4 死に対処するみち(宗教儀礼の永続性;人間構造の複雑性;死の文学;死の哲学;実験的方法;われわれの立場)

著者等紹介

渡辺照宏[ワタナベショウコウ]
1907‐77年。1930年東京大学文学部インド哲学科卒業。専攻はインド哲学、仏教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人間は死んだ後はどうなるのであろうか.この問題は,つねに人間の最大関心事であった.本書は,原始・古代から現代の文化的諸民族に至るまで,この問題がどう考えられ,具体的にその考え方がどう表現されてきたかを考察する.さらに,来世観や,霊魂と肉体との関係,また私たちの心がまえとして死をどうみるべきかを語る.