岩波文庫<br> 余はいかにしてキリスト信徒となりしか

個数:
電子版価格 ¥1,177
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
余はいかにしてキリスト信徒となりしか

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年09月18日 02時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 416p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003815120
  • NDC分類 198.99
  • Cコード C0123

出版社内容情報

幕末から明治へ、激動の時代を生きた内村鑑三。傑出した宗教家はキリスト教国アメリカと明治日本で、いかにして天命を悟ったのか。【新訳】

内容説明

幕末から明治へ、激動の時代を生きた内村が、自らの魂の変容を記した記録。札幌農学校に進学した青年は上級生に強制されてキリスト信徒となり、新しい自分と世界とを知る。二十四歳で単身渡米、養護院で働き大学に通うなかで、徐々に天命を悟る。傑出した宗教家は、キリスト教の「聖地」アメリカと明治日本で、何を見、経験し、考えたのか。

目次

第1章 異教
第2章 キリスト教に入信
第3章 初期の教会
第4章 新教会と信徒の説教
第5章 世の中へ―感情的キリスト教
第6章 キリスト教国の第一印象
第7章 キリスト教国にて―慈善事業家のあいだで
第8章 キリスト教国にて―ニューイングランドの大学生活
第9章 キリスト教国にて―神学に触れる
第10章 キリスト教国の実感―帰国