岩波文庫<br> 星の王子さま

個数:

岩波文庫
星の王子さま

  • ウェブストアに57冊在庫がございます。(2022年05月23日 02時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 220p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003751312
  • NDC分類 953
  • Cコード C0197

出版社内容情報

サハラ砂漠に不時着した孤独な飛行士と、「ほんとうのこと」しか知りたがらない純粋な星の王子さまとのふれあいを描いた永遠の名作を、一九五三年以来、日本じゅうの読者を魅了してきた、内藤濯氏による歴史的名訳で。

内容説明

サハラ砂漠に不時着した孤独な飛行士と、“ほんとうのこと”しか知りたがらない純粋な星の王子さまとのふれあいを描いた永遠の名作。一九五三年以来、半世紀を超えて、日本じゅうの読者を魅了してきた、内藤濯氏による歴史的名訳。『星の王子さま』のスタンダード。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

♪みどりpiyopiyo♪

74
オリジナル版を読んでから、岩波文庫版に「訳者あとがき」と「備忘録」があると知って、こちらも読んでみました。■訳者の「日本語に砕くよりも、原文を活かし切る日本語を探して歩く、そう、散歩するような気持ちでした」との弁になるほどでした。■作者の「私のふるさとは、私の子供時代である。ある一つの国が、私のふるさとであるように」と、訳者の作者評「いつまでも子供心を失わずにいる大人こそ正真正銘の大人であることを子供にも大人にも、知らせようとした」、それから 美智子妃とのエピソードが印象的でした ( ' ᵕ ' )(→続2017/12/25

けいご

56
ル・プチ・プランスの訳者の中で一番好きな本でした★多分内藤濯さんの心が沢山詰まっているからこんなにも心が動かされるんだと思います。ル・プチ・プランスが「星の王子さま」として日本で広まるにあたりなにかと問題もあったと思いますが、それでもこうして手に取れた事を自分は何故か誇りにさえ思えます★「星の王子さま」を日本に連れてきて頂いてありがとうございました!っと内藤濯さんもいるであろうB612を今宵の星から探して伝えようと思います★2020/12/12

黒柴アーモンド 豆もん部長

41
映画が面白かったので原作に挑戦。児童書として作られた話だが、日本では大人に人気があるらしい。映画を観て「深いなぁ」と感じたのだが、絵本をさらっと読んだだけでは深さなんて感じない。大人ってなんか変だなぁ…って笑っちゃう感じ。子供の頃読んだらどう感じただろうか?2018/04/18

nico

35
プラネタリウムでこの作品の言葉が引用されていて、衝動買い。訳者が違うことを知らず、目に付いたこちらを購入。有名な「かんじんなことは、目に見えない」という言葉は知っていたけれど、ストーリーは知らず。正直、難しい。「大人」になった今だから、あのバラが他とは違うこと、大切なことは目に見えないこと、王子さまが「へんなの」と言う大人の行動が理解できる気がする。あとがきから、この作品が戦争中に友人のために書いたと知って、それを踏まえて、終盤の別れから「ぼく」が帰還した後の話を読み返すと、また違った思いが胸に溢れた。2018/02/19

sibarin♪

34
何十年も前(当時中学生)に読んだ時は正直よくわからなかった。飛行機不時着・ウワバミ・ワガママな薔薇・羊・バオバブの木・友達のキツネ・毒蛇というキーワードでしか記憶に残らなかった。今回改めて読んで 大人になって目の前のことだけに必死になってるんじゃないよ、と伝えたいのかと感じたけどやっぱりよくわからない。王子様の純粋さとキツネの哲学的な言葉はよくわかったけど。童話?哲学書?嫌いじゃないけど多分何回読んでも難しい…2021/05/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12067340

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。