岩波文庫<br> 富に關する省察

個数:

岩波文庫
富に關する省察

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月26日 10時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 123p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003410318
  • NDC分類 331.35
  • Cコード C0133

出版社内容情報

詳しくは「富の形成と分配に関する省察」と題する.ルイ16世治下の大蔵大臣でありまた重農学派の最後の将でもあったチュルゴオ(1727‐1781)が,ふたりの中国留学生に経済学の大要を講じたもの.彼はここで一応ケネーの階級観に立脚しながらも,重農主義の体系をさらに発展させて,資本の形成と流通とを描き,スミスやリカードの先駆をなした.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

29
第100節まであるので、タイトルのみ列挙して自分なりにチュルゴオの考えと突き合わせながらその異同を吟味してもおもしろいと思う。提起の箇所はゴシ太体になっている。また、旧字体なので読みにくい。(ここでは新字体に改めた) 第3節 土地の生産物は永く且つ困難な加工を経てはじめて人間の欲望に応じ得るものである(23頁~)。 ☛ 若し彼れが自己の耕地と労働にのみ頼るとすれば、多大の時間を浪費し、苦痛を蒙り然かも、総ての点に於て設備も極めて悪く、土地耕作も最悪とならう(24頁)と結論づけている。 2019/11/02

うえ

9
「原始社会に近い時代に於ては、他人の土地を耕そうと欲するものを見出すのは殆ど不可能であった。何故ならば、全ての土地は未だ占有されておらず、従って、労働せんと欲するものは、新しい土地を開墾し…自分自身のために之を耕作することを選ぶからである」「取引の結果、各商品には、各々他の商品に応じて市場価値が発生する。これから、一切の商品は他の一切の商品一定量と等価であり、この一定量を代表する担保として考察されうる」「金、銀はものの性質上、一切の契約と法律から独立して、貨幣・普遍的貨幣となる」2016/02/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1101037

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。