岩波文庫<br> 憲法講話

個数:

岩波文庫
憲法講話

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2020年02月22日 09時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 595p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003403211
  • NDC分類 323.13
  • Cコード C0132

内容説明

憲法学者・美濃部達吉(1873‐1948)が、「健全なる立憲思想」の普及を目指して、明治憲法を一般読者へ向けて体系的に講義した書(初版1912年)。天皇は法人たる国家の最高機関であるとする天皇機関説を打ち出した本書は、天皇主権説論者との論争を呼び起こした。のちに国禁とされた美濃部学説の原点を知る上でも重要な著作である。1918年の改訂版を収録。

目次

国家および政体
帝国の政体
天皇
国務大臣および枢密顧問
帝国議会
行政組織
行政作用
司法

制定法の各種
国民の権利義務
帝国殖民地

出版社内容情報

憲法学者・美濃部達吉(一八七三―一九四八)が、「健全なる立憲思想」の普及を目指し、明治憲法について一般向けに解説した書。天皇機関説を打ち出し、天皇主権説論者との論争を呼び起こした。一九一八年の改定版に基づく。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件