岩波文庫<br> 熱輻射論講義

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
熱輻射論講義

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 366p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003394915
  • NDC分類 426.3
  • Cコード C0142

出版社内容情報

一九世紀末、熱輻射の問題によって理論と実験との齟齬が明らかとなり、ニュートン以来の物理学は重大な矛盾に逢着した。その隘路を打開し、新たな物理学─量子論─への端緒をひらいたのが、プランクによるエネルギー要素の仮定である。革命的な仮定の導入へ至る道筋を、自らの思考の流れに沿って丁寧に解説した主著。

内容説明

19世紀末、熱輻射の問題により理論と実験との齟齬が明らかとなり、ニュートン以来の物理学は重大な矛盾に逢着した。その隘路を打開し、新たな物理学―量子論―への端緒をひらいたのが、マックス・プランク(1858‐1947)によるエネルギー要素の仮定である。革命的な仮定の導入へ至る道筋を、自らの思考の流れに沿って丁寧に解説した主著。

目次

第1部 基礎的事実と定義(一般論;熱力学的平衡における輻射。キルヒホッフの法則。黒体輻射)
第2部 電気力学および熱力学からの結論(マクスウェルの輻射圧;シュテファン‐ボルツマンの輻射法則 ほか)
第3部 線形振動子による電磁波の放出と吸収(序論。線形振動子の振動方程式;周期的平面波の作用の下にある共鳴子 ほか)
第4部 エントロピーと確率(序論。基礎的な定理と定義;理想的単原子気体のエントロピー ほか)
第5部 非可逆的輻射過程(序論。輻射過程の直接的反転;任意の輻射場における1個の振動子。自然輻射の仮定 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

roughfractus02

6
ボルツマンやヴィーンの熱放射の仮説を受けて電磁気学領域での熱放射を追求した著者は、短波長と超波長ではその仮説と実験結果が一致しないという従来のデータから、エネルギー量子という作用要素を導入し、モードごとに電磁的な分布を捉え直した。その際、この量子が整数倍の値のみをとる、という離散的性質が導出される。この画期的なエネルギー離散の仮説(プランク定数hの発見)においても古典力学内での理解に努める著者の姿勢は、本書にも見られる。一方、著者がそのスタートを切った量子力学の最新知識は、版を重ねるごとに更新されている。2022/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18054166

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。