岩波文庫<br> ゴヤの手紙〈上〉

個数:

岩波文庫
ゴヤの手紙〈上〉

  • 倉庫に在庫がございます 【残り1点】(通常、注文翌々日~4日後に出荷)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆前日の在庫データを元にしているため、品切れの場合がございます。
    ◆表紙のご指定は承っておりません。
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003358412
  • NDC分類 723.36
  • Cコード C0171

出版社内容情報

「国王ご夫妻以下、僕を知らない人間はいない」--寒村に生まれながら、大いなる野心を胸に宮廷画家に上りつめたゴヤ。美と醜、善と悪、快楽と戦慄……人間の表裏を描ききった巨匠の素顔とは? 自由で即興的なデッサンのような手紙、画家としての主張を述べる意見書など、ゴヤを知る一級資料を詳細な註と共に編む。(全二冊)

内容説明

「国王ご夫妻以下、僕を知らない人間はいない」―寒村に生まれながら、大いなる野心を胸に宮廷画家へと上りつめたゴヤ。美と醜、善と悪、快楽と戦慄…人間の表裏を描ききった巨匠の素顔とは。詳細な註と共に自筆文書をほぼ全て収録、ゴヤを知る一級資料。

目次

1 出生、不遇の修業時代と宮廷での下積み 一七四六‐一七八〇年
2 サラゴーサ事件―義兄との対立と挫折 一七八〇‐一七八一年
3 売れっ子肖像画家に 一七八一‐一七八四年
4 宮廷、アカデミーでの栄達 一七八四‐一七八九年

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

79
ゴヤのイメージは『わが子を喰らうサトゥルヌス』に代表される連作・黒い絵が有名だ。だから本人は生真面目な人なのかなと勝手に思い込んでいた。でも書簡を読むと親しい人にはあけすけ且つ豪快な口調で語る、愛すべきはねっかえりだったのだ!家族や友人への愛に溢れ、自信満々で簡単には折れない不屈の画家、ゴヤ。ところが本書の終盤、黒い絵の連作を描くきっかけになる戦争が勃発する。その注が出る書簡ですが輝かしい未来への希望に溢れている。その後、何が起こるかを思うと少し、心が沈んだ。2021/06/12

ハルト

7
読了:◎ 友人マルティン・サパテールとの手紙を主に収録されている。内容は、時代は修行時代に、同じ絵師の義兄との対立。それから売れっ子画家になり、宮廷画家となるまでとなっている。薄暗さを持つ作風のゴヤの栄華の時。けれどゴヤ本人は、意外にも屈託なく、明るい性格だったのが垣間見える。特に友人マルティンには、友情を越えた愛情、友人以上恋人未満のような、家族のようにも思える情を抱いているのに驚いた。この時代には、まだ「黒い絵」連作を描くようには考えられなかったので、彼の身に、暗黒のなにが起こったのか、知りたいと思う2021/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17813933

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。