岩波文庫<br> ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経

  • 中村 元【訳】
  • 価格 ¥1,111(本体¥1,010)
  • 岩波書店(1980/06発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 20pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 326p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003332511
  • NDC分類 188.59
  • Cコード C0100

出版社内容情報

原始経典の中にはブッダの生涯は殆ど記されていない.だが彼の死は信徒にとって永久に忘れえぬ出来事であったのだろう.パーリ語本『大パリニッバーナ経』の中に,ブッダの死とその前後の事件が詠歎をこめて語られている.本書はこのパーリ語本を底本とし,サンスクリット本,漢訳本を参照して邦訳.巻末に周到詳細な注を付す.

内容説明

原始仏典の中にはブッダの生涯はほとんど記されていない。だが彼の死は、信徒にとって永久に忘れえぬ出来事だった。パーリ語本『大パリニッバーナ経』の中に、ブッダの死とその前後の事件が詠歎をこめて語られている。本書はこのパーリ語本を底本とし、サンスクリット本、漢訳本を参照して邦訳。巻末に周到詳細な注を付した。

目次

鷲の峰にて
修行僧たちに教える
旅に出る
パータリ村にて
コーティ村にて
ナーディカ村にて
商業都市ヴェーサーリー
遊女アンバパーリー
旅に病む―ベールヴァ村にて
命を捨てる決意〔ほか〕

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

イプシロン

34
「あれ? あそこにいるのはブッダさんじゃないか? だとしたら仏教ってなぁにって聞いてみよう!――すいませ~ん、ブッダさ~ん、かくかくしかじかで……」ブッダは質問を聞き終えると徐に口を開いた。「もろもろの事象は過ぎ去るものである。怠ることなく修行を完成なさい。――以上、終わり!」「え? それだけですか?」「それだけです。他にはなにもありません! 隠しごともなければ秘密もない、神も仏もありません。本尊もなければ、真言もありませんし、儀式も不要です。あらゆるものは諸行無常だと知り、八正道を死ぬまで歩みなさい」2019/05/03

Willie the Wildcat

30
導かれ、辿り着く沙羅双樹。王族、民族を超えて諭す心の平静。五蓋、四念処、そして七覚支。涅槃。光と解釈。無色界への路。空間、識、そして無。「有頂天」の意味を改めて噛み締める。涅槃も、肉体と精神が遺骨と遺灰となり、無を有として繋ぐ。縁があり、(英語で)高僧の方に話を伺うことで、少しは理解を深めることができた気がする。当たり前だが、字面は終うのではなく、行間・語間の理解がキモ。今日の講話に向けて3冊続けて読んだが、ページ数以上に読後に疲労感・・・。2015/06/14

テツ

26
修行の末に悟りを開き弟子たちを導き最期に至った沙羅双樹の花の下。仏陀が死ぬ直前、入滅前の言動を記した経典。逃れえない死の後に弟子たちをどう導くか。彼らの行く末について案じている姿が好きだ。自らの死はそれで完結していて自分にとっては何一つ先がないイベントではあるけれどその後も世界は続いていく。それを自覚した上で世界とどう向き合うか。残される者に何を伝えるか。仏道に帰依しているわけではないけれど考えることは多かったです。2017/07/15

D

24
ブッタの最期を描いた経典。死の直前だけに思想の根幹が濃縮されている。ひたすらに弟子たちに語りかけるのだが、そこから仏教の個人性が強く出ている。絶対者に頼るのではなく、個人の修行によって道を開く。ブッタの言葉の大部分も自分とどう向き合うかについてなのがそれを特に際立たせている。2015/12/30

おせきはん

21
奇跡のような話もありましたが、一人の人間として生きたブッダの生き様と仏教の教えが集約されていました。旅行記のようでもあり、思いのほか読みやすかったです。2021/08/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13277

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。