岩波文庫<br> むずかしい愛

個数:

岩波文庫
むずかしい愛

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月27日 23時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784003270936
  • NDC分類 973
  • Cコード C0197

出版社内容情報

ちょっとしたずれが,日常の風景を一変させる.ときめきと居心地の悪さ.どこからか洩れてくる忍び笑い.それは姿の見えない相手との鬼ごっこに似ている.兵士が,人妻が,詩人が,会社員が,もどかしくも奮闘する,十二の短篇.この連作が書かれた一九五○年代はカルヴィーノの作風の転回点にあたり,その意味でも興味ぶかい.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

84
12篇の連作短篇から成る物語。いずれもが「〇〇の冒険」といったタイトルで、いわばカルヴィーノによる「日常生活の冒険」といったところ。もっとも、冒険とはいっても、日常の延長の中にあって逸脱までも行かないのだが。カルヴィーノは、ここで様々な属性に人物を配してみることで、小説世界を構成する実験的な試みをしてみたのだと思われる。バッハが、『平均律クラヴィア曲集』で、様々な調性の曲を試みたように。本書の12篇という数も、あるいは「平均律」の24曲を意識したのかもしれない。なお、タイトルの「愛」は、行方知れずだ。2013/05/14

KAZOO

58
「まっぷたつの子爵」や「きのぼり男爵」で有名なカルヴィーノの短編集です。「ある??の冒険」という題で12のことばが??の個所に入ります。どれもありそうな感じのことばかりです。愛についての微妙な関係や感情、出来事をうまく短編にまとめてくれていて、私は個人的にはかなりお気に入りの小説でした。2015/05/14

音姫

50
「ある〇〇の冒険」を題名にもつ12の短篇集。 愛と呼ぶには些かカジュアルなものが多く、その愛に辿り着くための手段を冒険と表すのは少し誇張めいている。これまで読んだカルヴィーノと作風が違い戸惑いを覚える。初章「ある兵士の冒険」は恥じらいながらも兵士がほぼ犯罪めいた誘惑を試み、それに応じているのかいないか分からない未亡人との様子を描く。トンネルの中の時間を甘美にし、機敏の描写で読み手を列車の物語に引き込んでくれる。カルヴィーノに虜になるというのは、こういう事かもしれない。2021/09/09

藤月はな(灯れ松明の火)

50
一人でいることには慣れたけど、人が居るから存在できていることを理解して、それでも人といると不器用な人々における決して非日常にならない、日常の冒険を描いた短篇集。女の自惚れと反応の薄さに対する羞恥と恥ずかしさを描いた『ある海水浴客の冒険』、気になったことに囚われながらも日常を続けようとする『ある読者の冒険』、捨てようと決心したことが自分にとって唯一の道だったことに気づくほろ苦さを描く『ある写真家の話』、自分の喜びを知る嬉しさと寂しさを同時に知る『ある近視者の話』は自分と身近な話題だったので印象深かったです。2013/11/16

えりか

29
「ある兵士の冒険」から始まり「あるスキーヤーの冒険」で終る短編集。冒険といっても、日常のちょっとした場面をきりとっているだけ。でも、ちょっとだけ切り取ったそれは、少しだけずれているのかもしれないし、やっぱり冒険なのかもしれない。例えば、朝帰りをする人妻であったり、初めて眼鏡をかけた近視の男であったり。心の変化や新しい発見、あるいは「何も変わらない」し、「何もない」という発見(とりわけ「愛」について)は、日常の中で起こるのかもしれない。「ある詩人の冒険」が一番好き。2016/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/517480

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。