岩波文庫<br> 幼年時代 (改版)

個数:

岩波文庫
幼年時代 (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 08時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 233p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003243657
  • NDC分類 943
  • Cコード C0197

出版社内容情報

人生の波に呑まれ,世俗に馴染み,おのれの法則を見失ってゆく大人たちにも突然存在の核心をゆすぶるような震撼がやってくる.こういった時に,この生涯をひとつの作品として生きた詩人は,ふたたびみずからの存在の序章をふり返る.あらゆる瞬間を全的に生き,無上の真摯と信頼をもって生に直面したあの幼い日の自分を探し求める.

内容説明

人生の波にのまれ、世俗になずみ、自分自身から遠ざかってしまうとき、人はふたたび自分の存在の序章を振り返る。あらゆる瞬間を全的に生き、無上の信頼をもって生に直面した幼年時代を。カロッサ(1878‐1956)は、自分の過去の経験をたどり、その意味を繰り返し問い直しながら、倦むことなく自伝的作品を書き続けた。

目次

最初の悦び

広場
花園
掘出し物
学校と生徒
魔術師
懴悔
エヴァ
競走
キリスト誕生の図
復讐
光明施与
病気

供物を献げて

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

S.Mori

15
ヘルマン・ヘッセやトーマス・マンと並び称されるドイツの文豪ハンス・カロッサの子供の頃のことを描いた小説です。繊細で美しい文章が印象的(訳文がちょっと生硬なのが残念です)。ヘッセに似ていますが、ヘッセよりも死が身近なものとして書かれています。父親が医者だったからでしょう。魔術師と信じていたおじさんが死ぬ場面で、ハンス少年は初めて現実の世界の不条理を経験します。終盤で友達が少しずつ成長して、自分と違う道を歩み始める場面には切なさが漂っていて、胸に沁みました。自分の子供時代を甦らせてくれる素晴らしい小説です。2020/01/24

ちゅん

6
ありもしない魔術を多くの人に披露するカロッサとそれをフォローするエヴァの話がほっこりしました。2017/09/12

スエ

5
自分の幼年時代を思いながら、いつもより少しゆっくりめに読了。根拠もないのに魔術が使えるものだと人前で披露しようとしたり、剣をふりまわして母親を傷つけてしまったり…。あどけない失敗のたびに、周囲の大人や友人たちが彼を導いていく。ライジンガーとの和解のシーンは少しほろっときました。宝物を愛おしむように綴られた作品。おすすめです。2016/07/10

ラウリスタ~

5
順番は前後してしまったが、カロッサの自伝三部作?の一つ目を読んだ。大学生時代と比べて、幼年時代は面白い。これはこの本自体の面白さというより、読者の好みかも。後書きで、『美しき惑いの年』がカロッサの小説で一番面白いって言ってたけど、まじですか。あれが一番だったら、そうとう面白くない小説ばっかり書いているんだろう。もっとも、この『幼年時代』はまだ、読める。でも、ヴァレスの『子ども』とかと比較すると面白さがまったくない。たんたんと、さらさらと、流れる清水。それが、ナチス期の暗い世で書かれたことを鑑みると2012/09/19

大臣ぐサン

3
20世紀ドイツの作家ハンス・カロッサの幼少期を綴った自伝的作品。ガキ大将との対立、不思議な少女との出会い、魔術を使う奇妙な伯父さんへの憧れと死別。空想と現実が交差する片田舎での幼少期。誰もが体験したことがあるようで、どこか異質な失われた過去への追想がここにある。2012/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/466671

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。