岩波文庫<br> 若き日の変転 (改版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
若き日の変転 (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月22日 23時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 329p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003243640
  • NDC分類 943
  • Cコード C0197

出版社内容情報

「幼年時代」と「美しき惑いの年」の間にはさまる9年間,ギムナジウム時代の記憶.日本の学制でいえば,小学校の後半から高等学校を終えるまでの時期である.両親の家から古都ランツフートの由緒ある学校に移し植えられたまだ幼い魂が,9年の在学期間にたどってゆく幾変転.それは若いいのちの生長,展開,運動の絵図である.

内容説明

『幼年時代』に続くカロッサの自伝的小説。9歳頃から18歳頃までのギムナージウム時代が描かれる。主人公は親元を離れ、学校生活をはじめる。若い魂をかすめる一抹のかげり、思いがけずその上に投じられる一瞬の陽光。そうした微妙な明暗の交錯するなか、不安を隠し、戦慄を抑えながら驚きの目を見張る少年がたどる幾変転。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

音姫

37
軍医としてナチス協力者と批判の多いカロッサ。自伝的にギムナージウム少年時代を描く。この追憶はカロッサにとって重要な意味を持ったのだろう。寄宿舎で詩に目覚め穏やかに過ごした日々。戦争中、生死の狭間でもがき人間への不信感から脅威に晒される中、この回想により少しでも苦悩から解放されたのだろう。「追憶によって、迷える視線をしっかりと固めてもらえる者は幸せである。」トーマス・マンがカロッサの弱さを知り、精神的亡命者であったことに理解を示し今までの反発を翻したのも、この作品があったからではないだろうか。    

壱萬弐仟縁冊

20
「おぼろな努力」で、優秀な青年が、貧富を問わずひそかにこいねがうことは、魔神的な己れの運命か、己の外にあるなにか力強いものへの協力である(228頁)。人類のいかなる純粋な幸福も、この世界からは望み得ない。真に自由な精神は、この世界では息づくことができない。せいぜい、聖者にでもなるぐらいが関の山(233頁)。 2015/11/13

ラウリスタ~

5
これはなかなかに面白い。カロッサの自伝的小説三部作のなかでは一番面白い。なんといっても9歳から18歳を描くのだから面白くないほうがおかしい。思うに車輪の下ともっとも近い作品にあたるかも。しかし、それは形状のみの類似で内実はまったく違う。カロッサの主人公は結局のところ社会的に成功するようになっている。完全なるエリートコースを道草を食いながらも進む。そこに彼の存在を根底から揺るがすようなものはなにもないし、大事件も時の経過によって容易く葬られる。とはいえ、なんらかの面白さがカロッサにあることは納得できた。2012/09/21

camus

2
戒律への反抗や虚言癖等を通じて学校の問題児として教師の不評を買いながらも、様々な人と詩に触れ徐々に心の平穏を獲得していくギムナジウム時代の9年間の思い出話。語り口が淡々としていて、心に燻る若者の激情というよりは、世間のしきたりに従わされる困惑を描いたものとなっている。こうした丹念な書き方から、どこまでが史実でどこからが脚色かなんとも分からないふわふわした感覚を味わえる。2015/11/19

さんとのれ

0
身の回りの、どんな些細なことも見逃さない感受性に感心し、思いを寄せていた美少年の死に際し、その死を悼むよりも美しい肉体が腐敗することを恐怖する反応にひやっとする。フーゴーから「箱入り息子」と呼ばれたように、ここでのカロッサには、自分を取り囲む人や自然に影響されているようでいて、それらと深くエンゲージしていないような印象がある。2013/12/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/197939

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。