岩波文庫<br> 幸福の探求―アビシニアの王子ラセラスの物語

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
幸福の探求―アビシニアの王子ラセラスの物語

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 250p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003221440
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

世間の波風の及ばない桃源郷のような〈幸いの谷〉で過ごす王子ラセラスは倦怠感を覚え,外の世界に憧れる.王子は妹ネカヤアらとともに谷を脱出し,広い世間に出てさまざまな人びとに出会い,真の幸福を探すのだが…….ボズウェルによる伝記でその名を知られる18世紀英国の

内容説明

世間の波風の及ばない桃源郷のような“幸いの谷”に暮らす王子ラセラスは、倦怠感を覚え、外の世界に憧れる。王子は妹ネカヤアらとともに谷を脱出し、広い世間に出て様々な人びとに出会い、真の幸福を探すのだが…。ボズウェルによる伝記でその名を知られる18世紀英国の傑物ジョンソン博士(1709‐1784)が書いた唯一の小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

112
原題は「ラセラスの物語」。「幸福の探求」は内容に合わせた訳題だろう。富に溢れ、平和なアビシニアに住む王子ラセラスは退屈で仕方なく、本当の幸せについて考え、色々な人から話を聞き、ついにはその探求に妹と国を出る。彼らは様々な困難に出会い…、行き着く先は、悟りかもしくはむなしさか。サミュエルソンは18世紀の英国人。ボズウェルが書いた伝記で有名になった人である。さて、これが書かれたのは「カンディード」と同時期で似たような哲学の内容。当時、物議はあったらしいが、私はカンディードの方が圧倒的に好きだ。2016/12/13

KAZOO

31
サミュエル・ジョンソンの小説とはいうものの、小説という形態を借りた教訓のような気がしました。ジョンソン博士唯一の小説とはいうものの、内容も題名の割には少しという感じでしかも訳も古いので、光文社の古典新訳文庫ででも出されたら少しは読者がつくのかもしれません。2014/12/24

ソングライン

17
周囲の危険から隔離され何不自由なく暮らすアビシニア王国の王子ラセラスは、人間の幸福とは何かを見つけるため、妹ネカヤアと知識豊富な詩人イムラックと共に外の世界に旅立ちます。そこでは、仲良く暮らす親子、夫婦にもやがて、わだかまり、憎しみが生まれ、必ずしも幸せな一生を送れるのではないことに気づきます。ならば、どのような生き方が幸福をもたらすのか、世俗から離れて暮らす賢人、真理の探究に一生を捧げる学者に会い、教えを乞うていきます。結論の出ない幸福論が語られますが難しいことは無く、頷いてしまう場面が多い小説でした。2019/02/20

きゅー

9
アビシニア国の定めでは、王位につくまでの王子は「幸いの谷」に幽閉され、そこで何不自由なく暮らすという。みな幸せそうに日々を送っているが、それに疑問を持ったのが王子ラセラス。彼は「人生の選択をする」ために外の世界へと飛び出す。人を唸らせる警句を次から次へと口にしたというサミュエル・ジョンソンだが、本書での口ぶりは謹厳実直だ。おそらく本書が金銭的な必要に迫られて書いたという事情によるのだろう。朱牟田夏雄の翻訳はすばらしいし、優れた教訓小説として読める。しかし、予定調和の域を脱するものではないだろう。2018/04/12

きりぱい

8
ギャスケルの『クランフォード』に、ディケンズかジョンソンかで譲らない場面があって、そこに出てきたのが確かこのラセラス(対抗はピクウィックだったかな)。幸いの谷での生活は本当の幸せなのか、享楽に倦きた王子が谷の外の世界に焦がれて脱出。一人で行けば浮世の苦労も半端じゃないだろうに、従者が一緒では、あとがきでも言及される『カンディード』のぬるい版。妹の方が探究のアンテナは鋭く、王子の気勢はみるみる後ろ向き。物語の面白さはディケンズに軍配だろうけど、心に留まる金言ありと教訓仕立てなところはこちらに軍配?2011/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3166458

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。