岩波文庫<br> 幕末維新パリ見聞記―成島柳北「航西日乗」・栗本鋤雲「暁窓追録」

個数:

岩波文庫
幕末維新パリ見聞記―成島柳北「航西日乗」・栗本鋤雲「暁窓追録」

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 284,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003111727
  • NDC分類 293.5
  • Cコード C0126

内容説明

徳川幕府崩壊とともに三一歳で隠居し、ヨーロッパを一民間人として漫遊した成島柳北(一八三七‐八四)。幕府外国奉行として渡欧した栗本鋤雲(一八二二‐九七)。祖国のために観察した現役の外交官鋤雲と、心の赴くままに漫歩した自由人柳北の、二つの西洋見聞録。

目次

航西日乗(成島柳北)
暁窓追録(栗本鋤雲)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

33
幕末に成島柳北と栗本鋤雲がパリを旅行した時の紀行文です。成島のほうが普通の旅行人のような感じですが栗本のほうがしっかり分析しているような気がします。幕末人が見た世界の情勢ということで一つの資料価値はあるのでしょう。2014/12/05

feodor

4
『下谷叢話』を読んで、成島柳北の本読みたいな、と思って買った本。本願寺東派の宗教見聞旅行に同行することになった民間人としての成島柳北が見たフランス、イタリアは、なんというか今と変わらずのところも多い観光名所をいっぱい訪れていて、紀行文らしく日を追って書いているが、やはり漢詩人の血が騒ぐらしく、何かと漢詩をひねり出していて、現代人にはちょっと辟易。 栗本鋤雲のほうきはテーマごとにまとめて書かれている。セーヌ県知事オスマンのことなど、なかなか当時のヨーロッパ情勢を描き出していてよかった。2013/08/04

壱萬弐仟縁冊

2
成島先生の前半部分は、七言律詩があり、かなり原文が前半に多く、敷居が高いが、後半の注が充実しており、線画もあり、当時の臨場感が伝わるにくい作り。現代のブログ的な旅行記のようなジャンルかもしれない。後半の栗本先生の方が読みやすい感じがした。しかし、全体的に異国情緒漂う、この時季にマッチする文庫本。当方、紅葉の色付き始めました。喫茶店で紅葉でも眺めて読みたい感じ。2012/10/07

ANDRE

1
幕末から明治維新の頃パリを旅した2人の旅行記。柳北のほうは個人で行ってることもあって非常に旅を楽しんでます。何度も訪れているパノラマが気になる。イタリアや英国も訪れていますが、イタリアの日記がやたら饒舌なのでとても楽しかったに違いない。無機質な日記に見え隠れする興奮が面白いです。一方の鋤雲は外交官の報告書なんだけれど、こちらは一般人がいけないようなところにも行ってるっぽいのでこれまた興味深かったです。でも柳北の日記のほうが楽しいかなぁ~。到着するまでの長い航海日記も面白かったし。2009/11/24

tkm66

0
<幕末><幕臣><遣欧>と面白そう尽めでも<面白く無い>って事はあるんですね。2009/10/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/267675

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。