岩波文庫<br> 室生犀星詩集 (改版)

個数:

岩波文庫
室生犀星詩集 (改版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年06月20日 08時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 318p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784003106624
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0192

内容説明

「ふるさとは遠きにありて思ふもの/そして悲しくうたふもの」―孤独の中にあって犀星(一八八九‐一九六二)は人の世のもろもろの人間くささを歌いつづけた。厖大な詩業のうちから作者自らが選びぬいた二百十四の詩篇に、読者は芳醇な古酒の味わいにも似たしみじみとした詩情をおぼえ、心うたれるにちがいない。

目次

抒情小曲集
青き魚を釣る人
鳥雀集
忘春詩集
愛の詩集
第二愛の詩集
星より来れる者
寂しき都会
田舎の花
高麗の花
故郷図絵集
「鉄集」前後
鉄別集
美以久佐
動物詩集
哈爾浜詩集
集にもたれる詩

出版社内容情報

「ふるさとは遠きにありて思ふもの/そして悲しくうたふもの」――孤独の中にあって犀星は人の世のもろもろの人間くささを歌いつづけた.厖大な詩業のうちから作者自らがここに選びぬいた二一四の詩篇に,読者は芳醇で清澄な古酒の味わいにも似たしみじみとした詩情をおぼえ,心うたれるにちがいない.初出一覧を付した.

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件