岩波ブックレット<br> 介護職がいなくなる―ケアの現場で何が起きているのか

個数:
電子版価格 ¥682
  • 電書あり

岩波ブックレット
介護職がいなくなる―ケアの現場で何が起きているのか

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年05月18日 18時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 86p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002710082
  • NDC分類 369
  • Cコード C0336

内容説明

超高齢社会が進む中で介護人材を増やしていかなければ、介護サービスの質の低下を招き、利用する高齢者やその家族は安心して暮らしていくことはできない。ブラック化する介護労働の実態、介護施設内での虐待、利用者からのセクハラ・パワハラ、管理職の指導力・養成力の欠如、外国人介護職の受け入れなど、介護現場の課題を明らかにし、解決策を提示する。

目次

第1章 介護保険サービスが受けられない
第2章 どうして介護職は敬遠されるのか―介護職養成の難しさ
第3章 なぜ辞めてしまうのか
第4章 外国人介護職の可能性と限界
第5章 まだ先の介護ロボットとAI技術
終章 介護職不足を解決するために

著者等紹介

結城康博[ユウキヤスヒロ]
1969年生まれ。淑徳大学教授。法政大学大学院博士課程修了(政治学)。地域包括支援センター(社会福祉士・ケアマネジャー・介護福祉士)および民間居宅介護支援事業所勤務ののち、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kou

15
介護職の離職率の高さに驚いた。5K(きつい、きたない、きけん、くらい、くさい)と言われているらしいが、仕事内容や収入面だけではなく、現場の中間管理職とゆとり世代との間にある認識の差も大きいことがよく分かった。先行きが暗い業界だが、頑張っている人達が報われる日が来ることを願わずにはいられない。2019/11/03

Koji Takahashi

11
《正しく伝えているはじめの一冊》 P82「要介護者が選ばれる時代に」 介護人員が充足することは恐らく無いでしょう。 外国人では数年で帰国するし、訪問系では働けないので充分ではない。 介護ロボットなんて殆ど使い物にならない、せいぜいカーナビレベル。介護ロボット一台を一人の人員扱いされたらたまったものではない。 残念ながら今の仕組みを大きく変えない限り、介護職は増えないし、事業所は淘汰される。 そうなれば「手のかかる」「偉そうな」高齢者、そして家族は断られます。2020/03/22

ヒナコ

8
介護現場で人材が不足することによって、訪問系のサービスだけでなく施設系のサービスまでもが機能不全に陥ってしまっている現状を概観し、その原因に触れられている。著者によれば、介護職不足は介護ロボットの導入や、外国人労働者の登用では解決できないらしい。そこで、現役の介護職と介護職への就職を希望している学生への対応が大切になるという論旨だった。 論旨自体はそれなりに理解できたが、介護職不足の原因の分析や打開策については、かなり不満が残る内容だった。→2021/02/12

バニラ

2
普段起こってる現実の確認って感じ。2020/06/11

takao

2
☆中間管理職が大切。対策とる。離職率高い。 2019/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14373849

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。