新日本古典文学大系 〈26〉 堤中納言物語/とりかへばや物語 大槻修

個数:
  • ポイントキャンペーン

新日本古典文学大系 〈26〉 堤中納言物語/とりかへばや物語 大槻修

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月28日 10時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 430p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784002400266
  • NDC分類 918
  • Cコード C0391

出版社内容情報

簡潔な描写とリズミカルな筆致が魅力の「堤中納言物語」は「あはれ」と「をかし」の交錯する短篇物語集.男女の主人公が,男君は女装,女君は男装して宮仕えする特異な趣向の「とりかへばや物語」.平安時代後期の物語2篇.

内容説明

毛虫を愛する姫君、美しい姫君ならぬ租母をさらってしまう失敗譚…。「あはれ」と「をかし」の交錯する短篇物語集「堤中納言物語」は簡潔な描写とリズミカルな筆致が魅力。異腹の兄妹が男君は女装、女君は男装して宮仕えする、特異な趣向の「とりかへばや物語」。そこには外なる男と内なる女の二面性に悩む男装の美貌の姫君の苦渋が描かれる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

syaori

56
利発な女君と内気な男君の兄妹が、女君は男として、男君は女として社会(宮中)に出ていくところから始まる有名なお話。中心となるのは女君で、彼女が直面する結婚・出産とキャリアの問題は現代の女性でも共感するところがあるように思います。それだけに男女の入れ替わりが解決した後は、「はなばなとほこりかに」していた女君が大人しく当時の社会規範に収まってしまう感があり、少し寂しく感じました。ただ、やはり栄華を極める大団円はとても気分が良く、また随所で浮彫りになる男女の間の齟齬なども覚えのあるところが多く、大変楽しみました。2020/09/04

彩菜

17
とりかへばや、左大臣の2人の御子。女のような男君と男のような女君。男女とりかへ中将・尚侍となって出仕なさり、時を経てまた男女とりかへお暮らしなさる。どちらが女でどちらが男か。尚侍に焦がれた帝に宰相、中将の通った姫君たち、その腕に抱こうとしたのはどちらで、その腕に抱かれ思うのはどちらの面影だったか。幻は2つの限界、その両極の共鳴の間に顕れると申しますが、どなたも男君と女君、その間に幻を観たのではなかったでしょうか。男でもなく女でもない、ただ夢の如く美しい。物語を読む私共の前にもそれは顕れはしませんでしたか…2020/07/24

中将(予備役)

0
主に(今)「とりかへばや」が読みたくて読んだ。とりかへばやは物語の筋も表現も面白かったが、男性不信になった。入れ替わりは面白く女大将は頼もしい。竹取物語の偉大さを感じた。2018/04/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/180163

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。