影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (改版)

個数:

影との戦い―ゲド戦記〈1〉 (改版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月16日 13時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 278p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784001106848
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

出版社内容情報

ゲドは,自分にふしぎな力がそなわっているのを感じ,真の魔法を学ぼうと,魔法使いの学校に入る.進歩は早かった.得意になった彼は,禁じられた呪文を唱え,死の国の影を呼びだしてしまう.

内容説明

無数の島々と海からなるアースシー(EARTHSEA)。並はずれた魔法の力を持つ男ゲドの波瀾万丈の生涯を軸に、アースシー世界の光と闇を描く壮大な物語。小学6年、中学以上。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

♪みどりpiyopiyo♪

73
古の言葉が魔法の力を持つ多島世界アースシー。そんな島々の一つに生まれた少年が魔法の才能を見出だされ成長していく物語。■静かな語り口が物語の勇壮さを引き立てます。生と死、光と影、宇宙の均衡。誰もが持つ心の不確かさ。だからこそ主人公は悪を成敗する勇者でなく、謎に迫る「大賢人」なのでしょう。■魔法が使えても、アースシーはまさに人間の生きる世界。主人公の成長譚であると同時に、誰でも影に付き纏われる可能性があるけど回復もあるのだという希望が感じられる物語でした。次作以降が楽しみです♪ (1968年)(→続2018/05/16

シュシュ

30
再読。今回も「ことばは沈黙に。光は闇に…」の始まりに惹かれた。ゲドがオジオンのところに戻ってきて言った「出ていった時と同じ、愚か者のままで」のセリフが好き。傲慢だった少年が傷ついて少し成長して帰ってきたのだ。この物語は、自分の影、闇の部分に向き合っていく生きかたを思い出させてくれる。大人になると、自分の影から逃げることもできてしまうのだと感じる。読んでよかった。2016/05/25

seraphim

27
(再読)世界3大ファンタジーの1つとされる、シリーズの1作目。多島海世界のアースシーを舞台とした、ハイ・ファンタジー。偉大なる魔法使いの、少年から青年になる年頃を描いた成長譚。自分の力に奢る少年、ハイタカ。彼のその傲慢さから招いた影が、彼自身を蝕む。はたしてハイタカは、影を打ち負かすことができるのか?…。やはり面白い。異世界の物語だが、違和感なく物語の中に入っていける。中学生くらいから読める児童書とされているが、この物語は奥深い。哲学的でさえあると思う。何度でも読み返したくなる。続きも再読しよう2016/02/13

さく

23
小学生の時に親に買ってもらった、一番大好きなシリーズ本。ストーリー全部覚えてるのに面白い。永遠の名作!2巻の方が好きだから次を読むのが楽しみ!2019/05/06

jima

23
読み終わるのに思ったより時間がかかった。高慢な若者ゲドが成長していく。「力を持ち、知識が豊かに広がっていけばいくほど、その人間の辿るべき道は狭くなる」2015/03/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/535544

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。