• ポイントキャンペーン

フロイト全集〈18〉1922‐24年―自我とエス・みずからを語る

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 400p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000926782
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C3311

目次

自我とエス
みずからを語る
論稿(一九二二‐二四年)(「精神分析」と「リビード理論」;夢解釈の理論と実践についての見解;十七世紀のある悪魔神経症;幼児期の性器的編成(性理論に関する追加)
神経症と精神病
精神分析梗概
ルイス・ロペス=バイェテロス・イ・デ・トッレス宛書簡
フリッツ・ヴィッテルス宛書簡
M・アイティンゴ著『ベルリン精神分析診療所に関する報告』への序言
雑誌『ル・ディスク・ヴェール』への寄稿
マゾヒズムの経済的問題
エディプスコンプレクスの没落
神経症および精神病における現実喪失
「不思議のメモ帳」についての覚え書き
精神分析への抵抗
『国際精神分析雑誌』編者のことば)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

百草丸

1
みずからを語る、補遺、その後一九三五年のみ読む。注、編注、そのまた注をその都度ページをめくって読むのは実に煩わしかった。どうにかならなかったのだろうか。「(・・・)しかしやがて私は、そうした誘惑の場面はじっさいに起こったものではけっしてなく、患者たちが創作した空想(ファンタジー)にすぎないことを認識せざるをえなくなった。それも、どうやら私自身が彼らに強要した結果らしいのである。しばらくあいだ、私は途方にくれた」p.942015/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/24698
  • ご注意事項