台湾の少年〈2〉収容所島の十年

個数:
電子版価格
¥2,640
  • 電書あり

台湾の少年〈2〉収容所島の十年

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月29日 11時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 189p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784000615464
  • NDC分類 289.2
  • Cコード C0079

出版社内容情報

一九五〇年、無実の罪で逮捕された蔡焜霖は、激しい拷問に遭い、自白を強要されると、政治犯として離島・緑島(ルビ:りょくとう)に送られる。強制労働に従事し、「再教育」を受ける長くつらい十年間、支えになったのは家族の手紙や、同じように収容された人びととの友情だった。白色テロの深い傷を描いた台湾の傑作歴史コミック、第二巻。

内容説明

1950年代、白色テロの恐怖は台湾を覆っていた。焜霖は高校時代に読書会に参加したことで逮捕され、一千名あまりの政治犯とともに緑島の収容所に送られる。きびしい労働を科され、些細なことで懲罰を受けるような日々。出獄までの長くつらい10年間、支えになったのは家族の手紙や、収容された人々との友情だった。日本統治時代から戒厳令下の時代、民主化を経て現代まで、白色テロの傷を負いながら生き抜いたある個人の人生でたどる、激動の台湾現代史。

著者等紹介

游珮芸[ユウハイウン]
台湾大学卒業後、お茶の水女子大学で博士号取得。台東大学児童文学研究所所長。研究、教育のほか、児童文学の編集、創作、翻訳、評論に携わる。本作の脚色を手がけた

周見信[シュウケンシン]
台北芸術大学卒業後、台東大学児童文学研究所博士課程在籍中。創作と児童文学と美術教育に関心がある。2016年に『小白』(郭乃文との共作)で信誼幼児文学賞を受賞したほか、多数の作品を手がける

倉本知明[クラモトトモアキ]
香川県生まれ。立命館大学大学院先端総合学術研究科修了。学術博士。台湾文藻外語大学准教授。専門は比較文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Bo-he-mian

16
日本ではあまり知られていないが、台湾の現代史を語る上で欠かせない言葉に「白色テロ」がある。戦後、共産党との内戦に破れ台湾へ逃亡した国民党政権が行った「赤狩り」の事で、「100人を誤殺してでも、1人も逃すな」という、スペインのフランコ政権の「ビバ・ラ・ムエルタ(死よ、万歳)」の如き非道の方針のもと、冤罪、捏造、誤審、監禁、拷問、自白強要などで無数の人々が、収監はもとより処刑された暗黒の時代が何十年も続いた。これはその冤罪によって10年もの間収監され、後に児童文学の編集者になる、蔡焜霖氏の実話の漫画化である。2023/03/31

二人娘の父

12
知らないことばかりの戦後の台湾。中華人民共和国との対峙により、徹底した反共政策による、政治犯の収容所の存在。本当に知らないことばかり。この企画の凄さを2巻目にして実感…。2022/09/07

チェアー

9
白色テロルの中で、台湾の先住民たちは投獄され、殺された。生き延びた人たちも大きな傷を負い、一生背負わされた。その歴史を為政者たちは本当に反省したのかは調べてみないとわからない。 これも歴史だ、と言ってしまえる人が少し羨ましい。私は歴史と捉えることができない。苦しみ抜いた一秒、一瞬を過ごした一人ひとりの姿が浮かんできて、一括りすることはできない。一般名詞ではなく、固有名詞で語りたい。 分かっていない台湾の歴史をもっと知りたいと思った。2022/09/10

Mipo

8
蔡焜霖さんの伝記グラフィックノベル。20歳の時、言論統制のもとで焜霖さんは強制連行された。読書会に参加しただけで。やがて緑島という流刑島に送られ、そこの収容所で20代の貴重な10年を過ごす。さぞ無念だっただろうと思うが、その心の穴をこの後で原動力にしていくからすごい。何かにうちこんで気を紛らわせなければ、やっていられなかったのだろうけど。この巻で収容所生活が終わるが、最後にそう来るか‥‥、ズーンと心が沈んだ。そして、気にかかった人は、焜霖さんの弟。絵は木彫り版画のようで、モノトーンの迫力があった。2023/12/06

猫森

8
一巻とは打って変わって暗い版画調に。自白の強要、拷問、十年の懲役判決。すし詰めの官房の中での辛い生活…時折り歌われる中国語、日本語、英語の歌(DannyBoy)。効果的に挟まれる水色(浅葱色?)。海、歌、満月、空、涙。巻末には年代記と解説、それとこの巻で登場した人物(一緒に過ごした仲間、恩人、師)の名前と略歴が書かれている。それに目を通してから本編を読み返すと…2023/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19899869
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。