部活動の社会学―学校の文化・教師の働き方

個数:

部活動の社会学―学校の文化・教師の働き方

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年03月03日 14時29分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 210p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000614795
  • NDC分類 375.18
  • Cコード C0037

出版社内容情報

「教育課程外の活動」であるにもかかわらず、時に授業よりも生徒・教師に大きな影響を与える部活動。過熱や顧問負担が社会問題となる一方、それを対象とした研究は極めて少ない。本書では部活動問題の第一人者らによる独自の大規模調査をもとに、過熱や負担の実態をデータで「見える化」し、持続可能な部活動の展望を示す。

内容説明

「部活動問題」はいつ出現した?地域で部活動との関わりはどう異なる?部活動はどこまで安全か?「若い先生ほど顧問をやらされる」は本当?ジェンダーによる顧問負担の違いは?独自の大規模全国調査データから部活動の知られざる姿を「見える化」する!

目次

第1章 部活動はどう変わってきたのか―学習指導要領上の位置づけを中心に
第2章 部活動問題はどのように語られてきたのか―「子どものため」の部活動という論理
第3章 なぜ部活動指導に熱中するのか―年代別多忙化メカニズムの検討
第4章 教員のジェンダー・家族構成は部活動にどのような影響を与えるのか
第5章 経験者割合は部活動にどう影響しているか―生徒の小学生時代のスポーツ経験に着目して
第6章 勝利至上主義にはどのような特徴があるのか
第7章 地域によって部活動は変わるのか
第8章 部活動は安全か―熱中症事案が映し出す「制度設計なき教育活動」の重大リスク

著者等紹介

内田良[ウチダリョウ]
名古屋大学大学院教育発達科学研究科准教授。博士(教育学)。教員の働き方、部活動、スポーツ事故や組み体操事故、2分の1成人式などの教育問題を広く情報発信している。ヤフーオーサーアワード2015受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ステビア

24
第7章、地域SESと部活の過熱の関連が特に面白かった。2022/02/26

エイジ

5
部活動に関する自分のイメージが、統計的に裏付けられたという印象です。第1章の「部活動はどう変わってきたのか」、第2章の「部活動問題はどのように語られてきたのか」では、部活動の位置づけと、世の中での受け止められ方の歴史的変化を知ることができ、参考になりました。2022/01/27

みさと

5
中学・高校の部活動について、主観を排し、全国的大規模質問紙調査を実施して統計処理を施して出てきたデータについて論じる。数値データで「見える化」された部活動の実態と、声には出されていない教師の本音をすくい上げる。学習指導要領では課外活動として教科の外の位置づけられ、生徒の自主的活動を建前としているため、通常あるべき「何を、どれだけ」行うかの規定がなく、部活動顧問をするための免許・資格上の規定もない。そこにどんな問題・課題が潜んでいるか。何が過熱と強制を生んでいるのか。今後の議論の土台を作る挑戦的研究。2021/11/24

takao

4
ふむ2022/10/07

サネマル

3
肌感覚でそうだよね!ということを数値できっちり表してくれているのがありがたい。部活動は自主性に任せるという大義名分がある故にややこしい問題が多い。音楽で笛は吹けないけど部活でトランペットは吹いて良いとか確かに訳わからない。部活動は中毒性があることを自覚することから始まるのであろう。まるでスマホのようだw

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18172061
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。