生体認証国家―グローバルな監視政治と南アフリカの近現代

個数:

生体認証国家―グローバルな監視政治と南アフリカの近現代

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2017年10月23日 15時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000612135
  • NDC分類 248.7
  • Cコード C0022

内容説明

「最新の技術を最貧の地域で」。新種の国家形態が拡大するアフリカ、南アメリカ、南アジアの旧植民地諸国。発端は大英帝国ネットワークの交差点であった。第一次大戦前の南アフリカだ。アフリカ探検を経たゴルトン、帝国を栄転するエドワード・ヘンリー、挫折するガーンディー。優生学的動機に基づくヒトの生物学的統計学と指紋認証技術とによる統治の実験を追う、生体認証登録の世界史がここに。

目次

序章 グローバルな生体認証の世界
第1章 帝国の科学―ゴルトン優生学の南部アフリカ起源と目的
第2章 アジア的専制―ヴィットヴァータースランドにおけるエドワード・ヘンリー
第3章 ガーンディーと生体認証のもつれた関係―指紋、サティヤーグラハ、『インドの自治』のグローバルな政治
第4章 知る意思はなし―生体認証登録と、門衛国家の好奇心の限界
第5章 フェルヴールトの証明局―アパルトヘイト期のベヴェイスビューロと文書行政の終焉
第6章 ゴルトン思想の反転―アパルトヘイトと「生体認証にもとづく市民権」の形成
終章 帝国と模倣のファンタジー
結論

著者紹介

ブレッケンリッジ,キース[ブレッケンリッジ,キース] [Breckenridge,Keith]
ヴィットヴァータースランド大学社会経済研究所教授・副所長

堀内隆行[ホリウチタカユキ]
金沢大学歴史言語文化学系准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

文書に依らない新種の国家が拡大する旧植民地諸国。大英帝国の遺産である生体認証国家南アフリカでの統治の実験を追う初の世界史がここに。