岩波科学ライブラリー<br> 医学と仮説―原因と結果の科学を考える

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

岩波科学ライブラリー
医学と仮説―原因と結果の科学を考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月18日 14時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 118,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000295840
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C0347

内容説明

なぜタバコやピロリ菌が発がん物質と言えるのか。放射線被曝と、その後に発症したがんとの因果関係はどのように証明されるのか。公害事件で医学者の言動に潜む非科学性を問うてきた著者が、水俣病・タミフル・放射能など具体例を通して、「実験によるメカニズムの解明こそ科学」という一見すると妥当な考え方の問題点を示す。

目次

1 科学の証明―因果は医者にも見えないので間違える(約五〇〇〇人を対象とした発がん研究;国際がん研究機関IARC ほか)
2 科学と実験―因果はDNAまで見ないと分からないか(自然科学と科学の目的;科学の基本用語 ほか)
3 科学と社会―因果推論の遅れがもたらす問題(日本で実際に起こった要素還元主義に基づく失敗例;森永ヒ素ミルク中毒事件 ほか)
4 科学と哲学―因果はなぜ見えないか(因果関係は難しいのか?;ヒュームは原因を定義した ほか)
5 科学と仮説―因果を整理する(非巡回有向グラフDAGを描く;交絡要因と別ルート ほか)

著者等紹介

津田敏秀[ツダトシヒデ]
1958年生まれ。岡山大学医学部医学科卒業。岡山大学医学部医学研究科修了。岡山大学医学部助手、講師などを経て、岡山大学大学院環境学研究科教授。専攻:疫学、環境医学、因果推論、臨床疫学、食品保健、産業保健(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜタバコやピロリ菌が発がん物質と言えるのか.目に見えない因果関係はどのように証明されるのか.公害事件で医学者の言動を問うてきた著者が,水俣病・タミフル・放射能など具体例を通して,「実験によるメカニズムの検証」という一見すると妥当な考え方に潜む問題点をつく.原因と結果を結ぶ科学の言葉がわかりやすく解説される.