シリーズここで生きる<br> バリアフリーのその先へ!―車いすの3.11

個数:

シリーズここで生きる
バリアフリーのその先へ!―車いすの3.11

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月06日 17時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 145p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000287234
  • NDC分類 369.27
  • Cコード C0336

内容説明

難病を抱え、24時間の介助を受けながらひとり暮らしをしている著者を襲った3・11。危機のなかで災害弱者であることを痛感し、錯綜する情報のなかで新たな障害者差別に出会う。殻をやぶって踏み出した脱原発運動、そして、東北の障害当事者の体験を聞く旅に出て、心のバリアフリーについて考える。瑞々しい感性で綴る、震災、障害、脱原発運動の風景。

目次

1 原発震災、起こる(その日の、虫の知らせ;エレベーター、全停止;手と、手と、手 ほか)
2 あの日の記憶を抱えて―仲間たちの語り(中澤利江さん―動けない、でも、ひとりじゃない;栗原千賀子さん―誰も死なせない;佐々木緑さん―いても立ってもいられない)
3 誰の命も一番(息ができる社会;ずっと、そうだった;当事者を、隠さないで ほか)

著者等紹介

朝霧裕[アサギリユウ]
1979年埼玉県生まれ。愛称は「ダッコ」。ウェルドニッヒ・ホフマン症(進行性脊髄性筋萎縮症)のため、車いすの生活。24時間の介助サポートを得て、さいたま市でひとり暮らし。シンガーソングライターとしてコンサートやライブ活動を行うかたわら、講演やエッセーの執筆を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ

130
あの日、私は池袋にいた。電動車イスの朝霧裕氏。3.11…障害を持っている人は地震や津波や火事が起きたとき、一人では逃げられない。もう嫌だ!これが私の声なのだと思った。心に心がなだれ込んできた…。生きる自信をなくし、歩けなくて世話になって、生きていて申し訳ない。そんなときもあった。人生の困難に苦しんでいる人に、絶対に諦めなければ人は幸せになれると伝えたい。人の心もバリアフリーに近づいている。命を尊び合える社会へ。思い通りにならないことは悔しいが、今できることを大切に、この生を楽しむ。自分を卑下しないことだ。2021/02/26

ステビア

7
ある人の薦めで。2018/09/02

Butterfly

2
変わるべきは、弱い人間ではなく、その「弱さ」を受け入れない社会 ひとりひとりの「弱さから始まる生」にマルをあげよう 最近の殺伐とした中で、良い本に会えたと思う。2020/08/23

しゅんぺい(笑)

2
障害を持った朝霧さんの、震災の日のこと、そして震災を経て思っていること。 障害と震災、どちらも「孤立する」という点で、似たような状況に陥ってしまうところがあって、そこが印象深かった。2014/07/16

路地裏

1
災害でライフラインが停止することが死に直結する人の存在を考えてみたこともなかった。著者に同情したからというわけではないけれど、読んでいて苦しかった。自分がどういう立場で話せばいいかわからなくなった。感想はまだうまく整理できない。もう一度読みたい。2014/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8156180

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。