岩波ジュニアスタートブックス<br> ミライを生きる君たちへの特別授業

個数:
電子版価格 ¥1,595
  • 電書あり

岩波ジュニアスタートブックス
ミライを生きる君たちへの特別授業

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月10日 08時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 126p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000272391
  • NDC分類 K159
  • Cコード C0337

出版社内容情報

俳優の春名風花さん、作家の大木亜希子さん、新聞社で数多くの若者向け記事を書いてきた原田朱美さん、フォトジャーナリストの安田菜津紀さん、エッセイストの小島慶子さんが実際に中学校で行った授業をまとめました。進路の悩み、大人になることへの不安、他者への思いやり、いじめ、いのち…‥、中学生の思いや悩みに寄り添う1冊です。

内容説明

生きづらさ、人間関係、進路…、さまざまな不安や悩みをもつ生徒に向けて、大人達が自分の経験や考えを真剣に伝える授業です。不安なときこそ、この本を開いてみてください。

目次

大木亜希子さん(作家) 生き方はひとつじゃない―アイドルたちのハローワーク
原田朱美さん(新聞記者) 高校3年生が人生のピークなの?―18歳無理ゲー説
春名風花さん(俳優、声優) 「学校が辛いなら逃げてもいいんだよ」は本当に優しい言葉?―いじめの「あたりまえ」を考える
安田菜津紀さん(フォトジャーナリスト) 日本も大変なのにどうして海外の人も助けるの?―紛争や災害の現場からの声を伝える
小島慶子さん(エッセイスト、タレント) ままならない自分との向き合い方

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

そーすけ

3
340*安田菜津紀さんのお話が良かったです。日本も、世界から恩を受けている。だから、恩返しの難民支援が必要なのです。2021/12/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18213800

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。