ポストモダン・ブックス
フロイトと作られた記憶

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 109p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000270762
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C0310

出版社内容情報

心理療法やカウンセリングによって実際にはなかった幼児期の虐待の記憶が患者の心に作られる―作られた記憶症候群と呼ばれる症状の元凶はフロイトの理論にあるのか? 記憶や抑圧をめぐるフロイトの思索をたどり直す.

内容説明

心理療法やカウンセリングによって患者の心に実際には存在しなかった幼児期の性的虐待の記憶が作られる―「作られた記憶症候群」と名づけられて激しい議論を巻き起こした症状の元凶は果たしてフロイトの精神分析理論にあるのか?フロイトの思索の跡をたどり直し、記憶・抑圧・トラウマ等々をめぐるその見解をさぐる。

著者等紹介

モロン,フィル[モロン,フィル][Mollon,Phil]
精神分析家・臨床心理学者として治療と著述に精力的な活動を展開

中村裕子[ナカムラヒロコ]
1965年生まれ。神戸大学大学院文化学研究科博士課程単位取得退学。神戸大学非常勤講師。イギリス文学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

らむだ

3
作られた記憶症候群をテーマに、フロイトの思想を概観する一冊。短くまとめられているので、フロイト入門書としても読みやすい。2010/09/02

くれも

3
医原性であるとされる「作られた記憶症候群」の原因はフロイトの精神分析理論にあるか、というような書き出しから始まっているが、これはフロイト批判の批判をしている書である。「抑圧の本質は……何かを意識からそらし、遠ざけておくことにのみある」フロイトは記憶の抑圧でなく本能的な衝動の抑圧に関心を寄せていたらしく、また、子ども時代の記憶は後になってから構成されるものだという事を認めていた。抑圧された記憶が真実か否かは、それこそ患者や治療者によって変わってくるものだと思う。 2017-1392017/07/27

なりあきら

1
他の方も書いていらっしゃる通り、これはフロイト批判の批判。その批判の過程で、いい具合にフロイトの様々な著作に触れられていくので、フロイト入門としてもそれなりに使えそう。短いし。2012/12/10

kycorine

1
要はフロイト批判の批判。フロイトが何の研究をして、何を発表したかを追っている2010/11/11

2n2n

0
今一つ面白みに欠けると思った。2010/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/142228
  • ご注意事項