思考のフロンティア<br> 資本

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

思考のフロンティア
資本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 154p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000270083
  • NDC分類 331.6
  • Cコード C0310

内容説明

グローバルな資本制の勝利は、わたしたちに何をもたらしたのか。社会主義体制の崩壊とともに失効したかに見えるマルクスの思考―その可能性の理論的鉱脈をアクチュアルな問題群に連結し、現代資本制批判のための新たな領野に解き放つ。『資本論』価値形態論の読解を通して、資本の支配に対抗する、変革のための条件をさぐる。

目次

1 『資本論』の世界に読み入る(読み入るための準備;「簡単な価値形態」の解読;物神性と物象化;貨幣生成のメカニズム;『資本論』の「適用領域」)
2 資本の「現在」(労働する身体;「周辺」の継続的再生産;サイバー支配)
3 基本文献案内

著者等紹介

崎山政毅[サキヤママサキ]
1961年生まれ。京都大学農学部助手、神戸市外国語大学助教授を経て、現在、立命館大学文学部助教授。専攻は、ラテンアメリカ現代史、第三世界思想研究
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

社会主義体制の崩壊によって失効したかに見えるマルクスの思考―その可能性の理論的鉱脈をアクチュアルな問題群に連結し,現代資本制批判のための新たな領野に解き放つ.資本の支配に対抗する,変革のための条件とは何か.